ここから本文です

【MLB】ブライアント、20.4億円で調停を避け合意 リンドーア&バウアーは19.2億円、米報道

1/11(土) 10:01配信

Full-Count

セミエン14.2億円、バエス11億円、シンダーガード10.6億円でそれぞれ合意

 カブスのクリス・ブライアント内野手は年俸調停を回避し、1年1860万ドル(約20億3600万円)で契約合意した。インディアンスのフランシスコ・リンドーア内野手、レッズのトレバー・バウアー投手はそれぞれ1750万ドル(約19億1500万円)で調停回避した。MLB公式サイトが伝えている。

【表】やっぱりメジャーは“ケタ”違い! 2019年MLB選手の年俸10傑

 メッツのノア・シンダーガード投手は年俸調停を避け、970万ドル(約10億6000万円)で合意。カブスの正遊撃手ハビアー・バエスは1000万ドル(約11億円)、昨季MVPの最終候補に入ったアスレチックスのマーカス・セミエン内野手は1300万ドル(約14億2200万円)で調停を回避した。

Full-Count編集部

最終更新:1/11(土) 11:30
Full-Count

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ