ここから本文です

【スーパーGT】ARTAの基本である若い子たちにフォーカスを……鈴木亜久里監督、2020年体制への想い語る

1/12(日) 9:57配信

motorsport.com 日本版

 2020シーズンもGT500クラスとGT300クラスに参戦するARTAが、幕張メッセで開催中の東京オートサロンで体制発表を行なった。

【東京オートサロン2020】レーシングカーフォトギャラリー

 まずGT500クラスはFR化されたNSX-GTで参戦。ドライバーは同チームで6年目を迎える野尻智紀と、昨年GT300でチャンピオンに輝いた福住仁嶺のコンビとなった。一方のGT300クラスは昨年同様NSX GT3を使用。チャンピオンドライバーである高木真一がそのまま残留し、新たに大湯都史樹が加わることになった。

 チームを率いる鈴木亜久里監督は、まず昨年スーパーGT参戦初年度ながら目覚ましい活躍を見せた福住に注目していた。

「福住はこういうハコ車に(本格的に)乗るのも初めてだったし、GTのレースも初めてでした。基本的に“走らせること”に才能のある子なので、乗ればすぐにパフォーマンスが出るだろうなというのは分かっていました」

「開幕戦でいきなりポールポジションも獲りましたし、1年間を通して彼自身のミスはほとんどなくて、重いクルマを上手く乗りこなしてくれました」

「(シーズンの)最後の頃は落ち着いて見ていられるようになりましたし、もうGT300に乗るドライバーではないなと思いました。GT500に乗せても、いきなり(上位に)行ってくれるのではないかなと思っています」

 一方、昨年の福住と同じような立場になる今年の大湯に対しても“昨年以上”の結果を期待しているという。

「(大湯は)福住がひとつの(結果という)ラインを作ったので、そこを乗り越えていかないといけないと思うし、彼の才能にも期待しています。そういう(いきなり乗って速さをみせる)ドライバーでないと次にステップアップできないので、頑張ってほしいですね」

 次世代を担う若手ドライバーを起用した体制となったが、鈴木監督は以前のARTAのように“若いドライバー”にフォーカスを当てていきたいと語るとともに、2020シーズンは両クラスでタイトルを獲得することを目標にしたいと意気込みを見せた。

「ARTAというプロジェクト自体が若い子を応援していくというスタンスで、そこにまた戻ろうという部分があります。野尻もベテランになってきて、そこに(後輩の)福住がきました。GT300は(高木)真一は教えるのがうまいので、若い子の先生をやってもらって、どんどん(若い子が)ステップアップしていくためのベースができていけばいいかなと思っています。ARTAというのは、そこが一番最初の基本でしたからね」

「これまでダブルウィンやダブルポールポジションはありました。だけど、両カテゴリーでダブルチャンピオンを目標に頑張りたいですね」

吉田知弘

最終更新:1/12(日) 9:57
motorsport.com 日本版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ