ここから本文です

社民県連 衆院熊本3区に独自候補を擁立

1/12(日) 18:17配信

RKK熊本放送

RKK熊本放送

社民党県連は、次期衆議院議員選挙に県連幹事長で元県職員の馬場功世さん(68)を擁立することを決めました。

「今回3区から立候補を決意した馬場功世と申します」

馬場さんは、菊陽町出身の元県職員で現在は、社民党県連の幹事長をつとめています。

12日午前中に開かれた新春の旗開きで馬場さんは、「国民の安心した暮らしのため民主主義を取り戻す」と国政への意気込みを語りました。

また旗開きには、野党各党や連合熊本の代表者も出席し、来る総選挙に向け必勝を誓っていました。

衆院選をめぐっては、先月の野党と連合熊本の4者協議で、野党共闘に向けた候補者調整をしていました。

RKK熊本放送

最終更新:1/12(日) 18:17
RKK熊本放送

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事