ここから本文です

ロウバイ、本庄・ふるさとの森公園で見頃 甘い香りが漂い、観賞者を歓迎 1月末ごろまで楽しめる

1/12(日) 9:08配信

埼玉新聞

 春の訪れを告げるロウバイ30本が埼玉県本庄市児玉町小平のふるさとの森公園で見頃を迎え、訪れた人たちを楽しませている。ロウバイは観光農業センター東側。四季折々の花が楽しめる地域づくりを目指している当時の地元ボランティア団体「ネットワークひがしこだいら」が1994年に高さ1メートルほどの苗木を植えて、育ててきた。

梅が開花、森林公園で一足早い“春” 梅林の見頃は2月下旬から3月上旬 早、中、遅咲きの開花リレーへ

 今季は年末から徐々に咲き始め、10日現在で七分咲き。駐車場を降りると甘い香りが漂い、観賞者を歓迎しているようだ。花は今月末ごろまで。

 同センターはJR児玉駅から南へ約4キロ。

 問い合わせは、同センター(電話0495・72・6742)へ。

最終更新:1/12(日) 9:08
埼玉新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ