ここから本文です

<さんかく窓の外側は夜>岡田将生&志尊淳のW主演で実写映画化 ヤマシタトモコの“除霊ミステリー”マンガ

1/13(月) 7:00配信

MANTANWEB

 マンガ誌「月刊MAGAZINE BE×BOY」(リブレ)で連載中のヤマシタトモコさんのミステリーホラーマンガ「さんかく窓の外側は夜」が実写映画化され、俳優の岡田将生さんと志尊淳さんがダブル主演することが1月13日、明らかになった。原作は、霊をはらうことができる冷川理人(ひやかわ・りひと)と、霊を見ることができる三角康介(みかど・こうすけ)という心霊探偵バディーが活躍する“除霊ミステリー”で、岡田さんが冷川、志尊さんが三角をそれぞれ演じる。2020年公開。

【写真特集】可愛い? 岡田将生がCMで衝撃の小学生姿に!

 「さんかく窓の外側は夜」は、2013年から同誌で連載中。コミックスが第7巻まで発売されており、累計発行部数は100万部を突破している。最新コミックス第8巻が2月10日に発売。すご腕の除霊師・冷川理人と、幼い頃から霊が見えてしまう体質ながら霊が怖くて仕方がない書店員の三角康介が心霊探偵としてバディーを組むことになり、事件に挑む姿が描かれる。

 映画は、映画「おじいちゃん、死んじゃったって。」の監督を務め、ドラマ「時効警察はじめました」などの演出を手がけた森ガキ侑大さんが監督を務める。ドラマ「鹿男あをによし」「鍵のかかった部屋」などの相沢友子さんが脚本を手がける。

 ◇キャスト、スタッフのコメントは以下の通り。

 岡田将生さんのコメント

 脚本、原作を読ませていただいた時に映像化したら面白くなるなと思いました。リアルとアンリアルのはざまでどう作っていくか今からとてもわくわくしています。原作を尊重しつつ新たなものを作っていける、この作品に関われることがとても楽しみです。志尊さんをはじめ豪華なキャストの方々とスタッフと一緒にこの映画を盛り上げていけたらなと思っています。楽しみにしていただけたら幸いです。

 ◇志尊淳さんのコメント

 原作を読ませていただき、この作品を実写化する時にある無限の可能性を感じました。俳優を始めてまだ9年ですが、ずっと“挑戦”の気持ちを抱きながらやらせていただいてきた僕にとって2020年、25歳になるこの節目の年にこの挑戦と向き合う運命を感じました。岡田さんをはじめとするすてきすぎるキャストの皆さん、前準備でお会いしたすてきすぎるスタッフさんと共に作品を作れることに今は高揚が止まりません。三角が抱いてるさまざまな葛藤を、成長していく瞬間を、全力で伝えていきたいと思います。すごいものになりそうです。お楽しみに。

1/2ページ

最終更新:1/13(月) 7:00
MANTANWEB

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ