ここから本文です

<浅川梨奈>新成人を迎えた今年は「1月からぶっ飛ばす」 アニメやゲームの声優にも意欲

1/13(月) 12:15配信

MANTANWEB

 アイドルグループ「SUPER☆GiRLS」の元メンバーで女優の浅川梨奈さんが晴れ着姿でインタビューに応じた。昨年1月のグループ卒業から1年たった心境を、「去年アイドルを卒業したんだよなって。1年で環境が変わりすぎて自分でもびっくり」と驚き、「1月期のドラマ3本というスタートを切れるとは1年前に想像できていなかったので、周りの方に支えられて自分がいるというのを感じた1年でした」と振り返った浅川さんに、今年チャレンジしてみたいことを聞いた。

【写真特集】二十歳で大人っぽくなった浅川梨奈 2020年の抱負も

 この日は所属事務所「エイベックス・マネジメント」の新春晴れ着撮影会で、黒と緑色を基調としたシックな装いの振り袖を着こなしていた浅川さん。「今年、成人式を迎えるので、昨年のピンクと白を基調とした可愛らしい着物とは真反対のちょっと大人っぽい、柄もめちゃめちゃ可愛い着物を着させていただきました」と笑顔を見せた。

 新成人の心境を、「8歳年の離れたいとこの成人式のとき『成人おめでとう』と言ったのが昨日のようで不思議な気持ち」といい、「(成人式の写真の)前撮りとか後撮り、同窓会とか、そういう話が入ってくると、やっぱりそういう時期でそういう年なんだなって」と実感を口にする。

 お酒の話題を振ると、誕生日が4月ということもあってか、「最近お酒を飲む機会が少なかったのですけど、この間久しぶりに飲んでみたら二口でもういいや……となり、お酒でもブランクがあるんだなと思って(笑い)。お酒との付き合い方を考えて、仲よくしていければなと思っています」と話す。

 2020年1月期のドラマで、「SEDAI WARS(セダイウォーズ)」(MBS・TBS系)、「100文字アイデアをドラマにした」(テレビ東京)、「女子高生の無駄づかい」(テレビ朝日)と3作品に出演。「去年(出演作で)最初に放送されたドラマが坂本(浩一)監督の戦隊もの(4週連続スペシャル スーパー戦隊最強バトル!!)で、2020年も坂本監督の『SEDAI WARS』で始められ、坂本さんにはご縁があるなとうれしく思いますし、SNSで『今日●話放送です』と書けることもうれしい。もっともっとお知らせをたくさんしていけたら」と喜ぶ。

 今年挑戦したいことを聞くと、「昨年、文化放送でラジオのアシスタントをやらせていただき、好きなことで仕事できるのがこんなにうれしいんだと強く思った。一番に芝居を頑張りながら、アニメとかゲームとか自分の好きなジャンルにも挑戦していければ。1月からぶっ飛ばしてまい進していきたい」と意気込む。

 声優業への興味は……と水を向けると、「めちゃめちゃあります! 暇さえあればゲームをやったりアニメを見ている。自分の声でキャラクターが動くとか想像するだけで変な感じですけど、いつかやってみたいというのは憧れとしてあります」と目を輝かせていた。(取材・文:遠藤政樹)

最終更新:1/13(月) 16:40
MANTANWEB

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ