ここから本文です

千原ジュニア発案がドラマに「バイトテロには黒幕がいるんちゃうか」

1/12(日) 12:00配信

デイリースポーツ

 千原ジュニア主演のカンテレの人気ドラマシリーズ「新・ミナミの帝王」(関西ローカル)の18作目『バイトテロの誘惑』が13日午後3時20分から放送される。近年、社会的問題にもなっている『バイトテロの誘惑』という題材は、ジュニアの発案によるもので、元外交官・作家の佐藤優氏との雑誌の対談の際に出た話をもとにドラマ化された。

【写真】トークイベントに参加した千原ジュニア

 ジュニアは「バイトテロって、ちょけた大学生とかフリーターのバイトがやってるだけなのか?と思ったんですよね。実はそれを利用して株式操作で儲けてる黒幕がいるんちゃうかなって思いまして」とテーマを思いついた経緯を明かし、「そんな話を佐藤さんとしたのをスタッフが読んでドラマになったんです。役者とは別にギャランティーをいただかないとね」と笑い。「手を伸ばしたらそこにあるような、誰が巻き込まれてもおかしくない事件を描いていて見やすいと思います」と見どころを語った。

 バイトテロとは、主に飲食店や小売店の従業員が撮影した不適切な動画や画像がSNSに投稿されて炎上につながる現象で、店舗や企業が多大な被害を受ける。今回は、大阪ミナミの金貸し・萬田銀次郎(千原ジュニア)の顧客で喫茶店チェーンを営む男性がバイトテロの被害に遭うところから始まる。

最終更新:1/12(日) 12:16
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ