ここから本文です

U23日本代表まさか…史上初の1次リーグ敗退 シリアに1-2敗戦

1/13(月) 0:07配信

スポニチアネックス

 森保一監督(51)率いるU―23日本代表が12日、U―23アジア選手権1次リーグB組第2戦でシリアと対戦。1―2で敗戦し、史上初の1次リーグ敗退が決まった。

【写真】まさかの敗戦に倒れこむ橋岡

 1―2で敗戦した9日の初戦サウジアラビア戦から中2日、負ければ史上初の1次リーグ敗退が決まる背水の一戦。前回はベンチスタートとなっていた町田浩樹、相馬勇紀、上田綺世らを起用するなど先発6人を入れ替えて臨んだ。

 中でも初先発の相馬が起用に応えた。日本は前半9分、町田が自陣ペナルティーエリア内で相手選手と接触し、VARの判定によりPKを献上。いきなり先制点を許した。だが、ボールを支配し上田、橋岡が果敢に攻め込み相手を脅かすと、前半30分には相馬が右足を振りぬきミドルシュート。ゴールネットを揺らし、同点に追いついた。

 1-1で迎えた後半は、攻撃に精彩を欠いた。不用意なパスが目立ち、シュートまで結びつかず。後半31分から途中出場した立田が相手のパスをインターセプトし好機を作るも相手にボールを奪われてしまう。後半37分には橋岡が右サイドから中央の上田に鋭いクロスを送り最大のチャンスを迎えたが、わずかにゴールの左に外れ、絶好機を生かすことはできなかった。

 直後の後半43分には、カウンターから途中出場したシリアFWダリにフリーでボールを持ち込ませてしまい、決勝点を献上。勝ち越されたままアディショナルタイムに突入した。後半46分には旗手がシュートを放つも相手GKがファインセーブ。CKから橋岡がゴールも狙うも、そ残りわずかな時間で追いつくことはできず試合終了。2連敗で1次リーグ敗退が決まった。

 今大会は開催国の日本を除く上位3チームに東京五輪の出場権が与えられる。40年ぶり2度目の五輪出場を狙うシリアの勢いを止めることができず、史上初の屈辱となった。

最終更新:1/13(月) 1:45
スポニチアネックス

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ