ここから本文です

2-1で逃げ切った青森山田が2年連続での決勝進出

1/12(日) 8:57配信

高校サッカードットコム

 連覇を狙う青森山田と初の4強進出で勢いに乗る帝京長岡による準決勝第1試合は、前半5分にMF9本田 翔英(3年)のクロスからMF7田中 克幸(3年)がヘディング弾を狙うなど立ち上がりから帝京長岡のペースで試合が進みました。MF6古宿 理久(3年)が「今日の試合は押される時間が多くなると予想していたけど、自分たちのミスが多かった」と振り返ったように危なげない守備を続けたDF陣も準決勝までとは様子が違い、10分にはDFからGKへのバックパスにFW11矢尾板 岳斗(3年)が反応。足に当たったボールが無人のゴールに転がったが、僅かに左に逸れた。

【フォトギャラリー】準決勝 青森山田 vs 帝京長岡

苦しい時間が続いた青森山田だったが、16分には古宿のスルーパスから右サイドを攻め上がったDF2内田 陽介(2年)がゴール前にクロスを入れると、FW9田中 翔太(3年)が難しい体勢からヘディングシュートを叩き込んだ。ゴール後は、MF10武田 英寿(3年)をセンターにアニメ「ドラゴンボール」に登場する「ギニュー特戦隊」のパフォーマンスを披露。準々決勝の昌平高戦でMF8浦川 流輝亜(3年)とDF3神田 悠成(3年)が披露した「かめはめ波」パフォーマンスを発展させた形で、前日に役割分担を決めたという。

「いつもは前半に流れが多い時が多いけど、相手が押し込む中で、1本のチャンスで決められたのは大きかった」(古宿)青森山田は、先制後も危ない場面を作られながらも相手のミスにも助けられた。37分には絶体絶命のピンチが訪れ、MF14谷内田 哲平(3年)のクロスからDF2酒匂 駿太(3年)がシュート。GKが弾いたこぼれが無人のゴールに飛んで行ったが、MF7松木 玖生(1年)が頭で跳ね返した。対する帝京長岡は、FW10晴山 岬(3年)が「短いパスを繋いでいくうちに相手がブロックを作る形になった」と振り返ったように相手の守備に苦しむ場面が増えて前半を終えた。

 後半開始直後に見せ場を作ったのは、青森山田。中央でボールを持った武田が右サイドにパスを展開すると、「ヒデがうまくタメを作ってくれた。自分は足元を狙われ、スペースがあってみようかと思ったら、良い感じのボールが来た」と振り返る古宿が右サイドの高い位置で反応。ゴール前に入れたパスがDFに当たって反対サイドに流れると最後は松木がスライディングで押し込んだ。

2点差としてからは、「選手の疲労が溜まっていたので選手を代えながら運動量を落とさず、PAの外でフィニッシュさせない青森山田の守備コンセプトを思い出せながら粘り強く守り抜いた」(黒田監督)。32分には田中にドリブルから見事なシュートを決められ、1点差とされたが、2-1で逃げ切った青森山田が2年連続での決勝進出を決めた。

最終更新:1/12(日) 8:57
高校サッカードットコム

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ