ここから本文です

2020年代を牽引。期待の次世代女優ザ・ワールド5

1/12(日) 22:11配信

ELLE ONLINE

2019年は『キャプテン・マーベル』が公開、マーベル・シネマティック・ユニバースが女性ヒーローを単独主人公にした新作の制作を発表したり、コメディドラマ「Fleabag フリーバッグ」のクリエイター&主演のフィービー・ウォーラー=ブリッジがエミー賞で圧勝したりと、女優たちが大活躍。今年も個性的な女性たちがハリウッドを席巻しそう。2020年に注目したい女優をピックアップ。

【写真】「2020年、この人が伸びる!」覚えておきたい若手スター図鑑

安部春香

日本生まれ。幼少時代をニューヨークとロンドンで過ごし、その後日本で高校時代を過ごすけれど、その後俳優を目指して再びロンドンへ。2013年、Clean Bandit ft. Jess Glynne “Rather Be” のMVに出演したことで「あのキュートな少女は誰!?」と世界的な話題に。2018年には映画『Starfish(原題)』、今年はBBCのミステリードラマ「Silent Witness(原題)」で注目を集める。最新作はヘンリー・ゴールディングや平岳大と共演する『G.I.ジョー』のスピンオフ『Snake Eyes(原題)』で、2020年は日本での撮影に入る。

ジョディ・カマー

イギリス出身。BBCシリーズの人気ドラマ「キリング・イヴ/Killing Eve」のロシア人殺し屋ヴィラネル役で一躍ブレイクし、2019年英国アカデミー賞およびエミー賞の主演女優賞を授賞した。新作はライアン・レイノルズ&タイカ・ワイティティ主演のコメディアクション『Free Guy(原題)』、リドリー・スコット監督の映画『The Last Duel(原題)』と大作が続いている。「ロエベ」が2020年春夏コレクションのキャンペーンのために製作したショートフィルム「Either Way」にも抜擢された。映画界でもファッション界でも注目の存在に。

レティーシャ・ライト

イギリス出身。『ブラックパンサー』のシュリ役で世界中の注目の的になった。2019年1月には英国アカデミー賞のライジングスター(新人)賞を授賞している。この賞は過去にクリステン・スチュワートやトム・ホランドなどそうそうたる顔ぶれが授賞、その後スター俳優として活躍しているためスター俳優への登竜門と言われている。次回作はケネス・ブラナー監督のエルキュール・ポワロシリーズ『ナイル殺人事件』。英国の正統派女優として活躍するのは必至。

1/2ページ

最終更新:1/12(日) 22:11
ELLE ONLINE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事