ここから本文です

名古屋グランパスが始動…フィッカデンティ監督は開幕に向けて追加補強の方針「全員が競争」

1/12(日) 21:53配信

中日スポーツ

 名古屋グランパスは12日、愛知県豊田市のトヨタスポーツセンターで始動した。昨季に続いて指揮を執るマッシモ・フィッカデンティ監督(52)は、約1カ月後のリーグ開幕に向けて現メンバー29人に加わる追加補強を“リクエスト”。チーム内競争をさらに激化させ、昨季13位からの復権を目指す考えを示した。

【写真】グランパス来季への決意

 「よりアグレッシブ(攻撃的)なサッカーを目指す。私としてはまだ補強が必要な部分があると思うので、それがどうなるかによって目指すサッカーは変わる。具体的な補強を見つつ、それに合ったサッカーを目標に設定する」

 復権へのテーマは「競争」だ。風間前監督に代わって就任した昨年9月は、クラブがJ1残留争いの真っただ中。指揮官は前体制からのメンバーの入れ替えを最小限にとどめ、相手に合わせた現実的な戦いでJ2降格を回避した。

 今季はリーグ開幕まで6週間の準備期間が与えられる。「今年は全員が競争する。(追加補強で)新しい選手も来た上で、自分がプレーできるように最大限の努力をしてほしい」。“ゼロベース”の選手選考で、チーム底上げを図る。追加補強の詳細については言及しなかったが、外国籍選手の補強に動いているとみられる。

最終更新:1/13(月) 0:23
中日スポーツ

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

今日のJリーグ 試合情報

J1
あなたにおすすめの記事