ここから本文です

なぜ「持ち家がある男」は婚活に不利なのか

1/12(日) 20:45配信

LIMO

こんにちは。恋愛婚活コンサルタントの菊乃です。

最近、入籍された30代前半のTさんに、婚活中に会った変わった男性の話を聞きました。婚活パーティーで知り合ったアラフォー男性Sさんで、外資系勤務だそうです。その婚活パーティーは参加のためにプロフィールを入力する必要があり、相手のプロフィールも分かるのです。

相手の男性は年収1500万円以上でした。なぜSさんは、ハイスペックなのに結婚できないのでしょうか。

「家は財産」で思考停止の男たち

Tさんは初め、「なぜこんなハイスペックな男性が独身なんだろう…」と不思議だったそうです。パーティーでは周りに気を配り好印象だったので、連絡先を交換。高級店に食事に誘われたとき、Tさんは「ラッキー」と思ったそうです。

Sさんはハイスペックなのに2年以上婚活をしていて、結婚相談所入会も検討していたそう。要するに気配りができているわけじゃなく、婚活パーティー慣れしているだけなのです。それをパーティーで会った女性に話すのもどうかと思うのですが。

Sさんは高収入ではあるものの、ダイビングや車などお金がかかりそうな趣味がたくさんありました。何年か前に新築マンションを購入しており、そのローン返済もあるので共稼ぎ希望の年下女性が理想なのだそうです。

Tさんはその後、何度誘われてもSさんに会うことはありませんでした。おそらく、Sさんは次の女性にアタックしているのではないでしょうか。

家があることを長所ととらえる女性は少ない

「貯金はほぼないみたいだし、『家ある』自慢されても、借金あるのと同じ。私が住みたい街でもなかった」

Sさんをお断りする理由は様々ありますが、家があり、それを財産だと思っていることも見限る要因の一つでした。

Tさん以外にも、婚活で会った男性が「独身なのにマイホームを持っていた」という女性は多いです。結婚などライフステージが変わる際には売却することも考えて購入しているわけではなく、相手もいないのに「家族ができた際のことを考えて購入」しているのです。

あるアラフォー女性は、マッチングアプリで彼氏ができました。その彼が「家がある。いざとなれば売るし財産になる」と言っていたそうです。いざ彼氏の家に行ってみたら、床にペットボトルが散らばっているゴミ屋敷だったとか。水回りもメンテナンスがされていないため汚く、
「こんな家に住みたくないし、そんな高く売れるわけがない」
と別れを決意したそうです。

北関東に住むある女性は、出会った男性が独身なのに一戸建てを購入していたそうです。
二世帯住宅とか、同じ敷地内に家を建ててしまってそこに入ってくれる女性を探して婚活している男性。比較的、名古屋周辺の東海地方で多い。

もし、職場や学校などで知り合い、好きになって恋愛関係に発展し、その結果結婚と同時に二世帯住宅ならばあり得るかもしれない。けれども、初めから二世帯住宅に入ってくれる前提で婚活して相手探しはかなり無理がある。

1/2ページ

最終更新:1/12(日) 23:15
LIMO

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事