ここから本文です

迫力満点!「かたつむりジムニー」なぜ登場? 意外なベース車と誕生の経緯とは

1/12(日) 11:50配信

くるまのニュース

「かたつむりジムニー」意外な正体とは

 日本最大級のカスタムカーの祭典「東京オートサロン2020」で、屋根にタイヤを積載したピックアップトラックのスズキ「ジムニー」が出展されました。

ゴツい見た目が特徴? 「ジムニー顔」のカスタムモデルを画像で見る(13枚)

 しかし、クルマの中身は本物のジムニーとは大きく異なるといいます。果たして、このジムニーの正体はどんなクルマなのでしょうか。

 今回、ジムニーのフロントフェイスを持つピックアップトラック「NATS Easy Camper」(以下、イージーキャンパー)を出展したのは、日本自動車大学校のNATSです。

 イージーキャンパーはジムニーをベースとしたカスタムカーではなく、NATSの学生がスズキ「ラパン」をベースに制作しました。

 極限まで車高を下げるカスタムが施されたうえ、ジムニーの顔面を移植。さらに、ピックアップトラックのスタイルへ変更されています。

 ルーフキャリアには4本のタイヤが積載され、さながらかたつむりのようです。

 イージーキャンパーを制作した背景について、NATSの学生は次のように話します。

「女子でも可愛くキャンプに行けるピックアップトラックというコンセプトで、制作をおこないました。

 ジムニーのフロントフェイスを採用した理由は、2019年の東京オートサロンに出展したジムニーシエラのリフトアップカスタムモデル『NATS アドベンチャー』が好評だったことから、逆に極限まで車高を下げたうえでジムニーの顔とすることで“兄弟車”的なモデルにすることを狙ったものです。

 キャンプがテーマということでルーフキャリアを装着し、タイヤを載せたらカッコいいのではないか、という理由でタイヤを積載しています」

※ ※ ※

 力強い外観に反して、じつは“女子ウケ”を狙ったモデルであったイージーキャンパーは、学生の自由な発想から生まれたモデルであるといえるでしょう。

くるまのニュース編集部

最終更新:1/12(日) 15:40
くるまのニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事