ここから本文です

「プリキュア」新作に悠木碧、『ヲタ恋』実写に内田真礼出演など、2週間の新着アニメNewsをまとめ読み!

1/12(日) 13:30配信

Movie Walker

12月末~1月頭にかけて発表され、話題となったアニメ関連のニュースをファンの声と共におさらい。「プリキュア」の新シリーズ放送&劇場版公開情報から、『東京ゴッドファーザーズ』(03)の舞台化など、見逃していた人は要チェック!

【写真を見る】『プリキュア』『ドラえもん』『ヲタ恋』などの新情報をチェック!(『映画プリキュアミラクルリープ みんなとの不思議な1日』)

■ 「プリキュア」新シリーズに悠木碧ら人気声優の出演が決定!

17年目に突入する人気アニメ「プリキュア」シリーズの最新作「ヒーリングっど・プリキュア」が2月2日(日)よりABC・テレビ朝日系列で放送開始。主人公“キュアグレース”こと、花寺のどかを悠木碧が演じるほか、依田菜津、河野ひよりがプリキュアたちの声を務め、加隈亜衣、武田華、金田アキ、白石晴香らもマスコットキャラクター役で出演することが決定している。

本作は「手と手でキュン! ハートつないで地球をお手当て!」をキャッチコピーに、地球の手当てをするヒーリングアニマルと呼ばれる動物(?)と普通の女の子たちが力を合わせて地球を手当する、最強の癒しのプリキュア戦士の物語だ。

ネット上には作品への期待の声と同時に、主人公の名前が“のどか”で変身すると“髪色がピンク”、さらに声優が“悠木碧”ということもあり、悠木の代表作「魔法少女まどか☆マギカ」を連想したファンもちらほら。「悠木さん…ピンク…魔法少女…うっ…頭が」「途中で誰も死なないよね?」という声が散見していた。

新作の情報に続いて、早くも「ヒーリングっど♡プリキュア」、「スター☆トゥインクルプリキュア」、「HUGっと!プリキュア」の3世代プリキュアが集結する『映画プリキュアミラクルリープ みんなとの不思議な1日』が3月20日(金)に公開されることも発表。本作オリジナルキャラクターが登場する予告編とポスタービジュアルも解禁に。

予告では、物語のカギを握るオリジナルキャラクターで重要な役割を担う「明日」をつかさどる精霊ミラクルンと、同じくオリジナルキャラで「昨日」をつかさどる精霊リフレインが出現。“永遠に明日がこない世界”に変えようと目論むリフレインとプリキュアたちの戦いが繰り広げられるようだ。

■ 今敏の名作『東京ゴッドファーザーズ』が舞台化!

今敏監督が手掛けた長編アニメーション『東京ゴッドファーザーズ』が舞台化され、2021年5月に東京・新国立劇場で上演されることが新国立劇場2020/2021シーズンのラインナップ説明会で発表された。「絶対に観たいヤツ!」「キャストどうなるのかな?メインの3人にはそのままやってほしい」などネット上でも大きな注目を集めている。

本作は元ドラァグクイーンのハナ、元競輪選手のギン、家出少女のミユキら3人のホームレスが、ゴミ置き場に捨てられていた赤ちゃんの親を探してクリスマスの街を奔走する物語。舞台版では、時代を2021年に設定し現在の日本が抱える様々な問題を絡めていく。ミュージカル「ジャージー・ボーイズ」、「VIOLET」などの藤田俊太郎が演出を、テレビアニメ「プリパラ」のシリーズ構成を手掛けた土屋理敬が脚本を担当する。

■ 『ドラえもん』&ミスチル史上初のW主題歌が決定!

今年で漫画の連載開始から50周年を迎える「ドラえもん」。劇場版40作目を数える『映画ドラえもん のび太の新恐竜』が3月6日(金)に公開を控えているが、記念すべき本作で作品史上初となるW主題歌を採用し、すでに発表された「Birthday」に続いて、同曲と同じくMr.Childrenが手掛ける「君と重ねたモノローグ」がもう1つの主題歌となることが決定した。

明るく壮大なメロディの「Birthday」とは異なり、「君と重ねたモノローグ」は、のび太と双子の恐竜の絆を歌った心温まるバラードで、楽曲を使用した本編映像も新たに公開されている。

本作の川北プロデューサーは「初めての主題歌打ち合わせの際に、桜井さんの歌声とギターが響く音源を聞き、この作品のテーマを丁寧に、しっかりと受け止めてくださっていることが伝わり、非常に感激した事を鮮明に覚えています。そんな雰囲気の中で、もう1曲、違うアプローチの曲も考えてみようというアイデアから生まれました」とW主題歌に至った経緯をコメントしている。

■ 『ヲタ恋』実写版で内田真礼が書き下ろし楽曲を披露!

ふじたの人気コミックを原作に福田雄一監督が実写化した『ヲタクに恋は難しい』(2月7日公開)に、人気声優の内田真礼が本人役で出演することが発表された。

劇中で内田は、賀来賢人扮する“声優アイドルヲタク”が熱を上げる声優アイドルとして登場。ライブシーンでは、自身の人気楽曲「ギミー!レボリューション」のほか、作曲・鷺巣詩郎、作詞・及川眠子により書き下ろされたオリジナル曲「恋の発熱」を披露する。

「内田×鷺巣×及川は控えめに言っても最強すぎる」「映画館で内田真礼というだけでもはやマスト」など熱狂の声があふれていた。

これら以外にも、『シン・エヴァンゲリオン劇場版』の公開日が6月27日(土)に決定し、グッズ付きムビチケカードの予約受付が開始になるなど、様々なニュースがアニメ界隈をにぎわせていた。 

※「ヒーリングっど・プリキュア」・=ハートマークが正式表記

(Movie Walker・文/トライワークス)

最終更新:1/12(日) 13:30
Movie Walker

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事