ここから本文です

衰え知らずのイブラ、ミラン復帰後初得点に「俺の頭はまだまだ冴え渡っている」

1/12(日) 4:53配信

SOCCER KING

 11日に行われたセリエA第19節カリアリ戦でミラン復帰後初得点を挙げた元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモヴィッチが、試合後のインタビューに答えた。同日、イタリアメディア『スカイスポーツ・イタリア』が伝えた。

 同試合で先発フル出場を果たしたイブラヒモヴィッチは、65分にテオ・エルナンデスのクロスに左足ダイレクトで合わせてチームに2得点目をもたらす。さらに、82分にはヘディング弾でもネットを揺らしたが、こちらは惜しくもオフサイド。要所で存在感を見せつけ、チームの2-0での勝利に貢献した。

 イブラヒモヴィッチはインタビューに対して、次のようにコメント。試合の反省点を述べた上で、今後の活躍を約束した。

「ストライカーにとって重要なのは、ゴールを狙うことと良い位置で受けることだ。ゴールが入る時もあれば、そうじゃない時もある。試合の最初の方は幾つかボールの処理を誤った。今後の数試合で調子を上げていく必要がある」

「“神のように”ゴールを祝うのはサン・シーロで、だ。ここではない。俺はゴールを挙げるたびに神を祝福してきた。それが俺の生き様なのさ」

「(ステファノ・ピオリ)監督は年齢だけを考えて俺を休ませようか考えていたが、その心配はまったく必要ない。俺の頭はまだまだ冴え渡っていて、体が自然と動いてしまうのさ」

SOCCER KING

最終更新:1/12(日) 4:53
SOCCER KING

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事