ここから本文です

【P活】「パパ活は麻薬」「援助交際とは違う」など、独特の価値観を大放出!ねほりんぱほりん「パパ活女子」【特選ねほぱほ】

1/12(日) 18:10配信

ねとらぼ

  NHKの人気番組「ねほりんぱほりん」の過去放送回の中から、特に注目を集めたものを選んで紹介していく「特選!ねほりんぱほりん」。今回お届けするのは「パパ活女子」(2017年11月1日放送)です。

【注目ツイート】パパ活と援助交際は違う 名言ごちです^^

 婚活や終活など〇〇活が流行する中、若い女性の間で広まっているのが「パパ活」。年上男性とデートしてお金をもらう「パパ活女子」の生態やリスクについて深堀りしました。放送当時、番組内ではどのような実態が語られたのでしょうか。当時の盛り上がりとともに見ていきましょう。

●放送当時(2017年11月1日)の盛り上がり

 当時の盛り上がりを振り返えると、10分あたり最大1350ツイートを超える盛り上がりを見せました。全体的に話題性の高い回になったようです。

●金銭トラブルや性被害のリスクについて

 パパ活女子として登場したのはマナミさん(仮名・20代半ば)。彼女の話に関心が集まったところで、有識者からパパ活におけるリスクが説明されます。

 パパに睡眠薬を飲まされてレイプ、動画撮影、偽のお金を渡されるなど、ただでは済まない実害が紹介され「パパ活はリスク高いに決まってる」や「いいクスリだ」など厳しい意見が飛び交いました。一方で「性欲を満たしたいなら風俗行けばいいのに」など、パパの行動に言及する人も。

 また、VTR中にマナミさんが「こわ~い」とつぶやいたことに対して、「怖いじゃねぇよ」「被害者面するな」など批判の声が多数寄せられました。

●マナミさんのパパ活料金システム

 マナミさんは、現在5人のパパがいると発言。そのうち3人が1回ごとに料金が発生する「都度パパ」で、残りの2人は月ごとにお金をくれる「月極パパ」だそうです。このシステムにネット上では「パパにも種類があるのか」や「何だそれ」と驚きの声が上がりました。Twitterでは「駐車場じゃないんだから」とのツッコミも。

 また「体の関係はないわけでしょ?」という山里さんの問いに対し、手をつなごうとする雰囲気のときにはカバンでガードするというマナミさん。この方法には「基本」「あるある」という声が上がった一方で、「自分の側にカバン持たれたら終わり」と実体験のようなツイートも。

1/2ページ

最終更新:1/13(月) 11:39
ねとらぼ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事