ここから本文です

あなたのアカウントを守る、2段階認証アプリ5選

1/13(月) 12:30配信

ギズモード・ジャパン

ベストをつくそう。

オンラインサービスのアカウントで2段階認証(2FA)を有効にしている場合、新しいデバイスからログインするときには、ユーザー名とアカウント、そして認証アプリが必要になります。

【全画像をみる】あなたのアカウントを守る、2段階認証アプリ5選

多くの人はスマートフォンのSMS(ショートメッセージ)を利用していますが、これだけではハッキングの危険があります。また、Facebook(フェイスブック)などに電話番号を教えるのがためらわれる場合も。しかし認証アプリなら物理的なアクセスが必要なため、セキュリティを向上させることができます。

アカウントによって対応する認証アプリも異なるのですが、この記事では代表的なアプリを5つご紹介しましょう。

Google Authenticator

Google(グーグル)謹製のこのアプリは、Googleアカウントだけでなく、もっとも基本的な認証アプリとして使えます。アカウントの追加は、QRコードをカメラで読み取るか、数字のコードを入力するだけと簡単です。

端末の移行も比較的簡単で、このように手順を説明してくれるので、突然アカウントから締め出されることもありません。なお、ダークモードがサポートされているのは好印象ですが、複数デバイスやクラウド同期はサポートされていません。

Android版とiOS版は、こちらから無料でダウンロードできます。

Microsoft Authenticator

Google Authenticatorと同じく、シンプルで信頼性の高いMicrosoft Authenticatorは、Microsoft(マイクロソフト)以外にもさまざまなアカウントをサポートしています。見た目も前述のアプリと似ているのですが、コードリストやアカウントごとのビジュアルアイコンなどが見やすくなっています。

さらにクラウドバックアップでは、オリジナルのデバイスにアクセスできなくなった場合、新しいデバイスにサインインしてコードが取得できます。また、画面ロックと同じくPIN、指紋、顔認証でアプリを保護するオプションも存在します。

Android版とiOS版は、こちらから無料でダウンロードできます。

1/2ページ

最終更新:1/13(月) 12:30
ギズモード・ジャパン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ