ここから本文です

キャメロン・スミスがPO制す 松山英樹「66」で12位

1/13(月) 12:59配信

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

◇米国男子◇ソニーオープン in ハワイ 最終日(12日)◇ワイアラエCC(ハワイ州)◇7044yd(パー70)

ハワイっぽい!?

首位で出たブレンダン・スティールと、3打差を追ったキャメロン・スミス(オーストラリア)が通算11アンダーで並び、プレーオフに突入した。1ホール目(10番)で、スミスがパーとし、ボギーを喫したスティールを振り切ってツアー2勝目を挙げた。2017年に初勝利を挙げた「チューリッヒクラシック」はペア戦で、個人戦の勝利は初めて。

ウェブ・シンプソンが通算10アンダーの3位。グレーム・マクドウェル(イングランド)、ライアン・パーマー、ケビン・キズナーの3人が9アンダーの4位に並んだ。

30位から出た松山英樹は1イーグル4バーディ、2ボギーの「66」と伸ばし、通算6アンダーの12位で2020年の初戦を終えた。

星野陸也は通算1アンダーの45位、堀川未来夢は3オーバーの65位、小平智は6オーバーの66位だった。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事