ここから本文です

大矢/堀ペア、2回戦へ 全日本勇退表明の岸川聖也がベンチコーチに<全日本卓球2020>

1/13(月) 15:20配信

Rallys

<天皇杯・皇后杯 2020年全日本卓球選手権大会(一般・ジュニアの部)1月13日~19日>

13日に開幕した全日本卓球選手権(以下、全日本)混合ダブルス1回戦で大矢英俊/堀優美ペア(ファースト)が下田奨麿/安田優佳ペア(福岡大)に3-2で勝利した。

大矢と堀は共に、ファーストが運営する「岸川聖也卓球スクール」のコーチとしての肩書をもつ。また、この試合のベンチコーチには、昨日自身のTwitterで、今大会限りで全日本勇退を表明した岸川聖也(ファースト)が入っており、注目度の高い試合となった。

大学生ペアの勢いに苦戦

試合は、日本代表経験のある大矢と、全日本女子ダブルスで3度ベスト16入りを果たしている堀のペースで進むかと思いきや、1ゲーム目から苦戦を強いられ、11-5で下田/安田ペアが1ゲーム目を取る。

続く2ゲーム目も、大矢は相手のサーブを積極的にバックドライブでレシーブを狙うも、サーブの長短に惑わされ、レシーブミスを重ねてしまう。それでもこのゲームはなんとかモノにし、続く第3ゲームでは、堀のループドライブで相手のカウンターミスを誘い、得点を重ねることに成功。11-7で大矢/堀ペアが王手をかける。

しかし、第4ゲームは大矢のループドライブを下田がカウンターする苦しい展開に持ち込まれ、このゲームは下田/安田ペアが奪取。勝負はついに最終第5ゲームへ。

第5ゲームも接戦になるかと思いきや、それまでバックサイドに来たツッツキを回り込んでフォアドライブをしていた大矢が、早いタイミングのバックドライブで返球し、連続得点を重ねる。最後は相手のロングサーブを大矢がドライブレシーブで決めて勝利。苦戦したものの1回戦を突破した。

詳細スコア

〇大矢英俊/堀優美(ファースト) 3-2 下田奨麿/安田優佳(福岡大学)
5-11/11-9/11-7/9-11/11-3

ラリーズ編集部

最終更新:2/18(火) 19:07
Rallys

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ