ここから本文です

休みはいらない!? 堀川未来夢は試合を求めて世界を巡る

1/13(月) 18:01配信

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

◇米国男子◇ソニーオープン in ハワイ 最終日(12日)◇ワイアラエCC(ハワイ州)◇7044yd(パー70)

プロも嬉しそう

優勝争いが佳境に入った夕方、さすがにギャラリーもまばらな9番グリーンが沸いた。インスタート最終組の堀川未来夢が7mのスライスラインを沈め、イーグルフィニッシュを決めた。通算3オーバー65位も、後半アウトは「31」と意地を見せた。

昨年12月は国内ツアー最終戦の「日本シリーズJTカップ」を戦ったあと、欧州ツアーの「オーストラリアPGA選手権」に参戦。明けて2020年も、国内ツアー開幕戦となる「SMBCシンガポールオープン」の前週にハワイで初戦を迎えた。「試合のあるところに自分がいく感じ。とにかく経験を積みたい。(移動などで)苦労してでも行った方が、その苦労がいつか報われるときが来るんじゃないかと思って」と熱っぽく言った。

2月にはアジアンツアーの予選会受験を予定しており、「アジアでシードを取れれば、翌年の欧州ツアーとの共催競技にも出られる。どんどん上につながっていく。ことしは欧州ツアーのQT(予選会)も考えています」と展望を語る。「2月はアジアのQTやニュージーランドオープンに出たり。休みは…いらないですね(笑)。日大ゴルフ部のコーチもやっているので、学生たちとトレーニングをしたりする。オフといえば、そこがオフになるのかな」。若く頑丈な体で世界を飛び回り、夢を追う。(ハワイ州ホノルル/亀山泰宏)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事