ここから本文です

小学生がジュニアの部で躍動 卓球アスリートの低年齢化進む<全日本卓球2020>

1/13(月) 17:05配信

Rallys

<天皇杯・皇后杯2020年全日本卓球選手権 1月13日~19日>

13日に開幕した全日本卓球選手権(以下、全日本)ジュニア男子・女子シングルス(高2以下)1回戦に、小学生選手が8名登場した。全日本ジュニアは大半が高校生プレーヤーながら、張本美和(木下グループ)、小塩悠菜(石田卓球クラブ)、松島輝空(木下グループ)らは、小学生でもすでに頭角を現しており、卓球アスリートの低年齢化が顕著に現れている。

張本智和も小学生で全日本に出場

現在、世界ランキング日本男子選手最高位に位置する張本智和(木下グループ)が最初に全日本に出場したのは、ジュニアの部が平成24年度(2013年)大会で当時9歳。一般の部が平成26年度(2015年)大会で当時11歳だった。

今大会でも、張本、小塩、松島だけでなく、吉本はな(日高ジュニア卓球クラブ)、植田杏(TTC平屋)、山室早矢(城山ひのくにジュニア)、阿部鴻憲(錦桜紅羅舞)、吉山和希(TC中原)が小学生ながらジュニアの部で躍動した。

ここ数年、張本兄妹をはじめとして、10歳前後の非常に若い年齢で、全日本の舞台に立つ選手が徐々に増えてきた。まさに、卓球に年齢は関係ない、ということを彼らは体現している。さらに世界トップ選手を育成すべく、7歳以下で卓球強化合宿を行うなど、アスリートの早期強化体制が確立されていっている。これからの彼らの活躍に期待だ。

各選手の1回戦結果

<ジュニア女子>

吉本はな(日高ジュニア卓球クラブ) 2-3 ○三村彩華(聖和学園高)
6-11/12-10/11-6/4-11/11-13

○植田杏(TTC平屋) 3-0 指宿葵(鹿児島女子高)
11-7/11-3/12-10

山室早矢(城山ひのくにジュニア) 1-3 ○遠山美涼(星野高)
11-5/8-11/3-11/4-11

〇張本美和(木下グループ) 3-1 橋本美波(敦賀高)
11-8/10-12/11-1/11-5

〇小塩悠菜(石田卓球クラブ) 3-0 増田華(JUPIC)
11-5/11-5/11-7

<ジュニア男子>
阿部鴻憲(錦桜紅羅舞)0-3 ○勝又優哉(浜松修学舎高)
9-11/5-11/9-11

○吉山和希(TC中原)3-2 松井颯士(育英高)
9-11/11-8/11-13/11-8/11-6

ラリーズ編集部

最終更新:2/18(火) 19:07
Rallys

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ