ここから本文です

英独仏「イランの発表に留意し協力する」 旅客機撃墜

1/13(月) 8:17配信

朝日新聞デジタル

 イランがウクライナ機をミサイル誤射で撃墜したと認めたことを受け、イラン核合意の当事者である英仏独の首脳は12日、共同声明を出した。「イランの発表に留意し、次のステップについてイランと協力することを約束する」として、イランに核合意を順守するよう改めて求めた。

 3首脳はイランに対し、「核合意と矛盾する全ての措置を撤回し、規則を完全に守るよう要請する。さらなる暴力行為を控えるよう求める」と強調。「我々は地域の安定性を維持するため、この問題についてイランと関わり続ける用意がある」とし、外交的な解決をめざすとしている。(ロンドン=下司佳代子)

朝日新聞社

最終更新:1/13(月) 8:17
朝日新聞デジタル

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事