ここから本文です

【RISE】再起戦の志朗が壊し屋・京谷祐希に僅差判定勝利

1/13(月) 20:44配信

イーファイト

RISEクリエーション
『RISE 136』
2020年1月13日(月・祝)東京・後楽園ホール

【フォト】京谷を見ながら勝ち名乗りを受ける志朗

▼第6試合 バンタム級(-55kg)3分3R延長1R
〇志朗(BeWELLキックボクシングジム/ISKAムエタイ世界バンタム級王者)
判定2-0 ※29-29、30-29、30-29
●京谷祐希(山口道場)

 RISE WORLD SERIES決勝まで勝ち上がり那須川天心と僅差の勝負を演じた志朗と、かつてK-1王者・武尊も沈めた京谷による注目の一戦。

 1R、オーソドックスの志朗に京谷はサウスポーで向き合う。両者静かな立ち上がりで、なかなか攻撃を出さない。志朗の右ハイに京谷は左ローをリターン。ジッと志朗の出方を見据える京谷は、志朗の蹴りに左ストレートを飛ばすが、志朗も察知してすぐに下がり当てさせない。

 2R、志朗は右ミドル、ジャブと放っていく。京谷のローが志朗の下腹部に入ってしまい、志朗のダメージ回復に時間が取られる。
 再開すると両者インローから間合いを詰めるチャンスを探る。だが、どちらも攻撃を受けた後の反応が早く、次の攻撃を当てさせない。右ミドル、右インローと単発で当てていく志朗。インローのリターンに京谷はパンチをワンツースリーフォーと連係して返す。

 3R、右インロー、右ミドルで出ていく志朗は蹴りをさばいた京谷に右ストレートもヒット。ワンツー、左フックを放つ京谷だが、志朗はブロックで弾き当てさせない。プレッシャーを発し志朗は京谷をロープ・コーナー際に追い込む。そして右インロー、右ミドルと京谷を攻める。蹴りを受けた後で左インローを返す京谷だが、志朗の蹴りの間合いを破れない。

 判定は29-29、30-29、30-29の2-0で志朗。辛くも壊し屋・京谷を降して勝利した。

最終更新:1/13(月) 23:37
イーファイト

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ