ここから本文です

ヤクルトドラ1・奥川、井上にリベンジだ 夢散った一発「それしか覚えていない」

1/13(月) 7:30配信

デイリースポーツ

 阪神のドラフト2位・井上広大外野手(18)=履正社=が12日、兵庫県西宮市の鳴尾浜で行われた新人合同自主トレに参加。ヤクルトの同1位・奥川恭伸投手(18)=星稜=から「打率3割」を目標に掲げた。

 奥川は、リベンジマッチへ闘志を燃やした。夏の聖地を沸かせた二人が、早くも火花を散らす。深紅の大旗を争ったエースと4番。井上の宣戦布告に、受けて立つ。

 被打率・111。奥川と井上の通算対戦成績は9打数1安打…だが、あの一発が大きく運命を変えた。「僕はそれしか覚えていないくらいですよ」。抑えた記憶はないという。忘れもしない、夏の選手権決勝。あの日井上が放った唯一の快音が逆転3ランとなり、奥川の夏は幕を閉じた。

 「今度はやり返したい。リベンジするのは自分の方です」

 この日は社会貢献活動の取り組みの一環として、新人講習会に参加。義手作りを経験し、「今はまだできることは少ないけど、小さなことから始めていきたい」と意気込む。そのために-と、誓うのは1軍での活躍だ。この日の新人合同自主トレでは初めて遠投を行うなど、1月末のブルペン入りを見据えた。

 関東と関西、離れた場所から互いに成長を誓い合う。同じセ・リーグ同士だ。待ち望む“再戦”は1軍の舞台でかなう。「対戦する機会は絶対にあると思うので、次は抑えたいです」。涙と共に幕を閉じた高校野球。甲子園の借りは、プロの世界で返す。

最終更新:1/13(月) 8:00
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事