ここから本文です

二階氏、五輪前の解散に否定的 「課題がなければ必要ない」

1/13(月) 21:33配信

共同通信

 【ダナン共同】自民党の二階俊博幹事長は13日、東京五輪前の衆院解散・総選挙に否定的見解を示した。訪問先のベトナム中部ダナンで「解散しなければならない必然の課題がなければ、必要はない」と同行記者団に語った。

 二階氏はこれに先立ち、観光や投資の促進に関する会合に出席し、同国と日本との関係強化に向け、重ねて強い意欲を表明した。「立派な交流を続けていく決意を新たにした」と述べた。

 ベトナムに進出する日本企業の増加や、日本でのベトナム人労働者の就労拡大などを挙げ「両国は政治、経済、文化、安全保障などあらゆる面で協力関係が大いに深化している」と強調した。

最終更新:1/13(月) 22:09
共同通信

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ