ここから本文です

高畑充希、18禁BL本で役作り 「新しい世界が見られた」

1/13(月) 20:42配信

オリコン

 俳優の高畑充希・山崎賢人がダブル主演する映画『ヲタクに恋は難しい』(2月7日公開)の主要キャストが登壇する完成披露会“聖地プレミア”が13日、ヲタクの祭典「コミックマーケット」の会場としても知られる、東京・有明の東京ビックサイト(TFTホール)で開催された。

【動画】山崎賢人のあいさつにツッコミする高畑充希

 同映画は、周囲にヲタクであることがバレることを恐れるBL好きの“隠れ腐女子”桃瀬成海(高畑)と、成海の同僚で幼なじみであり、“重度なゲームヲタク”の二藤宏嵩(山崎)がヲタクワールド全開で繰り広げる不器用でピュアなラブコメディー。さらに、超能力者や勇者、侍、ヤンキーなどさまざまキャラクターでコメディーを手掛けてきた福田雄一監督が、「映画『ラ・ラ・ランド』が流行る前から撮りたいと言っていた」というミュージカル映画仕立てになっている。

 福田監督が先に「アニメイトで“18禁”のBL本を買って、いろいろ、ドチャシコのやつを勉強しました。僕なり頑張りました」とコメントすると、高畑も負けじと「私もBLヲタクの役だったので18禁のBL漫画を読んで勉強しました」とアピール。

 さらに「BLには攻めとか受けとか、あるんですけど、わかります?」と説明しだして、会場はザワザワ。「消しゴムと鉛筆とか、マグカップと受け皿とかにも攻めやら受けやらがあるな、と考えるようになって。哲学的に危うくハマるところでした。新しい世界が見られて、楽しかったです」とにっこり、笑顔を見せた。

 高畑が頭角を現した作品がミュージカル『ピーターパン』だったこともあり、「まさか福田監督の作品で、ミュージカルコントのつもりはなかったけど、私も『ラ・ラ・ランド』が流行る前から、ミュージカル映画に出たいと思っていたので、飛び込んでみたいと思いました。呼んでいただいてありがとうございます」と、福田監督に呼びかけていた。

 劇中では、高畑や山崎が歌やダンスを披露する場面が随所にあり、大きな見どころとなっている。舞台あいさつの前には、劇中にも登場するヲタクダンサーズによるパフォーマンスも披露された。

 舞台あいさつには、福田監督、高畑、山崎のほかに、菜々緒、斎藤工、賀来賢人、若月佑美、ムロツヨシ、佐藤二朗も登壇した。

最終更新:1/18(土) 17:25
オリコン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ