ここから本文です

【シンザン記念】川田「負けすぎ」レース後ジョッキーコメント

1/13(月) 8:01配信

競馬のおはなし

 1月12日、京都競馬場で行われたG3・シンザン記念は、2番人気に支持されたサンクテュエールが最内を強襲して見事に差し切った。スタートで後手を踏んだが鞍上のルメール騎手がリカバリー。トップジョッキーらしい素晴らしい手綱さばきで同馬を勝利に導いた。

シンザン記念、レース後ジョッキーコメント
1着 サンクテュエール
C.ルメール騎手
「この馬には能力があります。残念ながら前走はペースが遅く2着でしたが、今回はちょうど良いレースでした。逃げ馬の後ろでずっと冷静に走れました。最後は内ラチと馬の間で凄く良い脚を使いました。スタートはビックリしました。普段は速いですけど今回は休み明けでしたので。上手くリカバリーできました。良い競馬が出来たと思います」

2着 プリンスリターン
原田和真騎手
「悔しいです。この競馬をして勝てないのか…。荒れ馬場も苦にせず追走出来ましたが、内をロスなく回ってきた馬にやられてしまいました」

3着 コルテジア
松山弘平騎手
「馬の後ろで我慢できていたし、今日のような馬場も合っています」

4着 オーマイダーリン
武豊騎手
「スタートは出なかったです。3、4コーナーで小さな不利もありました。キャリアも浅くこれから良くなって行くと思います」

5着 ヴァルナ
福永祐一騎手
「もう少しペースを落としたかったのですが、やりたい競馬は出来ました。長く良い脚を使える馬です」

6着 タガノビューティー
和田竜二騎手
「追走は楽でしたし、行きっぷりも良かったです。伸びてはいるんですが、詰め切れないあたりは展開がハマらないと…」

川田「負けすぎ」

7着 ルーツドール
川田将雅騎手
「枠的に外を回らないといけないかたちでしたが、負けすぎですね」

藤岡健一調教師
「現時点ではなんとも言えませんが、今日は能力は出せていません」

 レース結果、詳細は下記のとおり。

 12日、京都競馬場で行われた11R・シンザン記念(G3・3歳オープン・芝1600m)で2番人気、C.ルメール騎乗、サンクテュエール(牝3・美浦・藤沢和雄)が快勝した。クビ差の2着にプリンスリターン(牡3・栗東・加用正)、3着にコルテジア(牡3・栗東・鈴木孝志)が入った。勝ちタイムは1:35.9(良)。

 1番人気で川田将雅騎乗、ルーツドール(牝3・栗東・藤岡健一)は、7着敗退。

1/2ページ

最終更新:1/13(月) 8:01
競馬のおはなし

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ