ここから本文です

【3歳児あるある】「おだづって何!?」じいじの方言に興味津々な息子は…

1/13(月) 21:40配信

kufura

ナイロン100℃の劇団員として、映画やCMなど幅広いフィールドで活躍中の俳優・眼鏡太郎(がん きょうたろう)さんの連載【俳優ときどき会社員。 眼鏡太郎の新米パパ日記 #59】。3歳の子どもをもつパパの日常を、ご本人のイラストとともに紹介しています。

実家での食事中のひとコマ

じいじの岩手の方言に興味津々の子どもたち。初めて聞く言葉を、上手に使っていました (笑)。

食べる事が好きな息子は、ばあばの作った田づくりや黒豆をものすごい勢いで食べていました(そして夜、寝ながら鼻血……)。

普段とは違うテンションで、とても楽しそうに遊ぶ息子を見て、今年も大家族の良さを実感する父なのでした。

いとこと再会!でも……

実家で、同学年のいとこに再会し、テンションマックスの息子。

ただ、同学年とはいえ、年齢的には1歳近くの差があります。お外でのかけっこでは体力的についていけずに、泣き出す場面もありました。

でもそうやって追いかける相手がいると、たくましく成長していくのだろうなあと思いました。

眼 鏡太郎 (がん きょうたろう)

1977年1月4日生まれ、岩手県出身。東京学芸大学教育学部美術科卒業。2001年よりケラリーノ・サンドロヴィッチ率いる劇団「ナイロン100℃」の劇団員として活動中。映画『カメラを止めるな!』や『きばいやんせ!私』にも出演。現在は、 NHK Eテレ『シャキーン!』『コードな会議』にレギュラー出演中。Facebook :眼 鏡太郎 twitter:@gankyotaro 所属劇団:ナイロン100℃ 所属事務所:バウムアンドクーヘン

眼鏡太郎

最終更新:1/13(月) 21:40
kufura

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事