ここから本文です

手塚治虫とトキワ荘が残した、知る人ぞ知る「もうひとつの遺産」

1/13(月) 8:30配信

アーバン ライフ メトロ

手塚・藤子・赤塚・石ノ森が暮らした、伝説のアパート

 かつて東京・豊島区に「トキワ荘」というアパートがありました。

 手塚治虫、藤子・F・不二雄、藤子不二雄A、赤塚不二夫、石ノ森章太郎といった、今ではレジェンドとされるマンガ家たちが、若い頃に暮らしていた4畳半ひと間のアパートです。

【秘蔵写真】元住人の漫画家が撮影。「トキワ荘」内部の様子(8枚)

 老朽化して1982(昭和57)年に解体されてしまい、そのときもマンガファンたちは「惜しむ声」をあげましたが、当時の行政はマンガの価値を理解していなかったので、あっさりと解体されました。

 それから40年近くが過ぎて、マンガは日本文化の代表となりました。海外へ輸出されるコンテンツとしてもてはやされたため、豊島区がマンガのミュージアムとしてトキワ荘を再建し、2020年3月にオープンする予定です。

 最初にトキワ荘に暮らしたマンガ家は手塚治虫でした。入居したのは1953(昭和28)年1月のことで、当時24歳。デビュー8年目で『ジャングル大帝』『鉄腕アトム』『リボンの騎士』という、生涯を通しての代表作を含む9作を月刊誌に連載していた時期にあたります。

 手塚治虫がトキワ荘で暮らしたのは2年弱で、1954年秋に雑司ヶ谷へ引っ越します。

 その手塚治虫がいた部屋に、藤子・Fと藤子A(当時は、ふたりでひとつのペンネーム「藤子不二雄」を名乗り、コンビを組んでいました)が入居し、1956(昭和31)年に石ノ森と赤塚が入居したことで、トキワ荘は本格的な「マンガ・アパート」となりました。皆、すでにデビューしていましたが、まだヒット作はない、駆け出しのマンガ家でした。

 1961年秋に、藤子不二雄のふたりと赤塚がトキワ荘を出て、翌年初めに石ノ森も出て行くので、4人がそろっていたのは6年弱でした。

 トキワ荘には、彼ら以外にもマンガ家が暮らしていました。

 寺田ヒロオ、鈴木伸一、よこたとくお、森安なおや、水野英子といった人たちです。鈴木はアニメーションの世界へ行き、森安だけはメジャーな雑誌には描きませんでしたが、こんなに成功率が高いグループは、ほかにないでしょう。無名のまま消えていった人がいないのです。

1/3ページ

最終更新:1/13(月) 12:36
アーバン ライフ メトロ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ