ここから本文です

「サッカー王国静岡」復活!静岡学園も逆転で24年ぶり優勝

1/13(月) 16:01配信

静岡朝日テレビ

<第98回全国高校サッカー選手権決勝>◇13日◇埼玉スタジアム

5年ぶり12回目出場の静岡学園が、青森山田(青森)に3-2で勝利し、1995年度第74回大会以来24年ぶり2回目の優勝を飾った。前半に2点をリードされるも、持ち前のドリブルとパスワークを駆使して反撃。前半45分のDF中谷颯辰(3年)のゴールを皮切りにゲームを支配した。
攻め込んだ後にボールを奪われても、すぐに中盤で取り返し、自陣でのプレーを続けた。J1鹿島アントラーズ入団内定のMF松村優太(3年)は、右サイドから中央に入り、相手の守備を切り崩そうとした。後半16分には、今大会初先発のFW加納大(2年)がスタジアムを揺るがした。左サイドからドリブルで切れ込んだMF草柳祐介(3年)からのパスを巧みにトラップ。相手選手を背にしながら、右に反転して左足を振り切り、ゴール右サイドに同点弾を決めた。そして、同40分には、左サイドからMF井堀二昭(3年)が放ったFKを中谷がヘッドで合わせて逆転。残り時間も攻めの姿勢を貫き、激戦を制した。
静岡県勢としても、24年ぶり11回目の優勝。12日に全日本高校女子サッカー選手権を制した藤枝順心とともに、静岡学園が「サッカー王国静岡」を復活させた。
なお、静岡県勢の高校サッカー選手縁男女同時優勝は初で、全国では3例目(他は04年度・鹿児島、10年度・兵庫)。男子の全国高校サッカー選手権第74回大会は、静岡学園と鹿児島実の両校優勝で、静岡学園にとっては今大会が、初の単独優勝。決勝の観客数は、5万6025人で大会最多記録になった。【柳田通斉】

最終更新:1/14(火) 10:29
静岡朝日テレビ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事