ここから本文です

人気店の味をお手軽に! コイン式のお手軽ワイン酒場は今日も大盛況

1/13(月) 11:05配信

食べログマガジン

〈サク呑み酒場〉今夜どう? 軽~く、一杯。もう一杯。

イマドキの酒場事情がオモシロイ。居酒屋を現代解釈したネオ居酒屋にはじまり、進化系カフェに日本酒バー。どこも気の利いたツマミに、こだわりのドリンクが揃うのが共通点だ。ふらっと寄れるアフター5のパラダイスを、食べログマガジン編集部が厳選してお届け!

ヴァンナチュールの入門に! 醸造家の個性が光る美酒を愉しむ

麻布十番駅から徒歩5分の立地にある「右京堂」は、ヴァンナチュール(自然派ワイン)をグラスで提供するスタンディング形式の店だ。白を基調とするスタイリッシュな空間は、“立ち飲み”の概念を覆す。

ワインはすべてリーデル社のグラスで提供しており、香りや飲み口のよさはもちろんのこと見た目も美しい。料理のコンセプトは「ワインに合うもの」だが、どこか懐かしさを感じさせる品が多く、心がほっと癒やされる。

忙しい日々のなか、さっと立ち寄っておいしいワインと料理をいただき、あとは家に帰って眠るだけというご褒美のような時間を過ごすことができる。

女性がひとりでも入りやすい、新しい形の立ち飲み店

遊び慣れた大人たちが絶賛する予約困難店「十番右京」、懐メロダイニングバー「歌京」など、話題の店を立ち上げてきた岡田右京さん。

ヴァンナチュールを気軽に楽しめる店を開いた理由をこう語る。

「単純にヴァンナチュールはすごくおいしいですよね。けれど、まだまだその魅力を知らない人が多いように思います。当店では“わかりやすくおいしい”と思える銘柄だけを選び、グラスで提供しています。通好みの複雑なワインは高級店におまかせするとして、まずは入門編として、色々と飲み比べながらその魅力にふれていただきたいのです」。

大切にしたのは「女性がひとりでも入りやすい空間」。白を基調とするスタイリッシュな空間は、“立ち飲み”の概念を覆す。なぜ、スタンディングというスタイルを選んだのか。

「麻布十番には立ち飲みの店が少なく、しかもヴァンナチュールのワインを出す店はさらに珍しい。僕はもともと立ち飲みが好きなのですが、そのよさは気が向いたときにフラッと立ち寄れて、サクッと飲めること。『十番右京』について『いつも予約でいっぱいで入れない』という声があり、スタンディングならより多くの方に気軽に楽しんでもらえると考えました」。

1/3ページ

最終更新:1/13(月) 11:05
食べログマガジン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ