ここから本文です

【ハイライト動画あり】神戸製鋼が2連覇へ好スタート!田中&田村コンビのキヤノンを下す。トップリーグ2020開幕節

1/13(月) 11:43配信

J SPORTS

日本代表のFB(フルバック)で、神戸製鋼の山中亮平が笑みをのぞかせた。

「この会場で、こんなに人が集まるのを見たことない。すごく嬉しいです」。

【ハイライト】神戸製鋼コベルコスティーラーズ vs. キヤノンイーグルス

兵庫・神戸総合運動公園ユニバー記念競技場に詰めかけた観衆は、2万3004人。

同会場での昨季開幕戦は5430人で、約4倍に膨らんだ。キヤノンの日本代表スクラムハーフ(SH)田中史朗も「感動しました」と感無量の様子だった。

1月12日(日)、国内最高峰「トップリーグ」の2020年シーズンが開幕。

兵庫・神戸では、2連覇を狙う現王者・神戸製鋼コベルコスティーラーズが、昨季12位のキヤノンイーグルスを迎え撃った。

この日は両チームにいる2019年ワールドカップ戦士が全員出場。

神戸製鋼の日本代表4名(中島イシレリ、山中、ラファエレティモシー、アタアタ・モエアキオラ)、そしてニュージーランド代表のLO(ロック)ブロディ・レタリック。

キヤノンでは、日本代表のSH(スクラムハーフ)田中、SO(スタンドオフ)田村優が登場。南アフリカ代表のCTB(センター)ジェシー・クリエルも出場する豪華布陣だった。

先制は地元の神戸製鋼。ニュージーランドの英雄ダン・カーターが、約40mのPG(ペナルティゴール)成功で3点を奪取。

さらに前半13分にはCTBリチャード・バックマンがチーム初トライを記録し、大観衆を沸かせた。8-0

一方のキヤノンも反撃。前半16分に日本代表のSO田村がPGのチャンス。冷静に3点を追加し、ワールドカップで得点ランク4位(51得点)の右足を披露した。8-3

しかし、王者はひるまなかった。神戸製鋼は日本代表のFB山中が鮮やかにライン突破。ウイング(WTB)山下楽平の独走トライをアシストした。

さらに前半30分には、2011、15年W杯日本代表のSH日和佐篤とのパス交換から、SOカーターがトライを挙げてリードを19点(22-3)とした。

反撃したいキヤノンは、前半終了間際にシーズン初トライが生まれた。

前半39分に敵陣に入ったキヤノンは、SH田中のパスを受けたSO田村から、ボールは南アフリカ代表のCTBクリエルへ。

『日本代表×南アフリカ代表』の連係からゴール前へ迫ると、キヤノン11年目の功労者、CTB三友良平がチームのシーズン初トライ。12点差(10-22)に迫り、前半を折り返した。

1/2ページ

最終更新:1/13(月) 12:11
J SPORTS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ