ここから本文です

ゴルフ新ルールから1年。「ティーイングエリア」のルールをおさらいしよう! 【ゴルフルール早わかり集】

1/13(月) 16:30配信

みんなのゴルフダイジェスト

2019年1月1日より施行された新・ゴルフ規則をわかりやすく解説する書籍「GOLF DIGESTゴルフルール早わかり集2019-2020」より、ティーイングエリアに関するルールをまとめてご紹介。しっかりおさらいしておこう。

ティーイングエリア=ホールをスタートするエリア

ティーイングエリアとはホールをスタートするエリアのこと。プレーヤーは、そのティーイングエリア内から球をプレーしなくてはなりません。

Q:ティーイングエリアの範囲はどこまで?

答え:マーカーから2クラブの長さの奥行きがあるエリア

解説:ティーイングエリアの範囲は下記のとおり。
・前側は2つのティーマーカーの最も前方を結ぶ線
・横側は2つのティーマーカーの外側で後ろの2クラブレングス

Q:ティーイングエリアの外にある球とは?

答え:一部でも内側にあれば ティーイングエリア内の球

解説:球全体がティーイングエリアの外にある場合に、ティーイングエリアの外にある球となる。球の一部がティーイングエリア内にあれば、その時はティーイングエリア内の球となる。

Q:ティーイングエリアの外にある球をプレーした場合は?

答え:2罰打でプレーをやり直す。

解説:2罰打を加え、改めてティーイングエリア内から球をプレーしなければならない。ティーイングエリアの外から球をストロークした打数はカウントしないので、 次は3打目となる。この訂正のプレーをせずに、そのホールを終えて次のホールのティーショットをプレーした場合は失格。

Q:ティーマーカーを動かしたら?

答え:2罰打のペナルティー

解説:ティーマーカーはティーイングエリア を決めるため設置されたものなので、動かすことはできない。スタンスの邪 魔になるからといってティーマーカーを動かしてプレーした場合は2罰打。

Q:球をのせるティーの規定はある?

答え:規則違反のティーを使うことはできない。

解説:ティーは4インチ(101.6mm)以下でなければならず、球の動きに影響を及ぼす機能や、プレーの方向を示すことができる形状のものを使用することはできない。規則違反のティーを使用した場合、最初の違反は2罰打、2回目の違反は失格となります。

Q:ティーイングエリア内の地面の凸凹をならしてもいい?

答え:平らにしてからプレーできる。

解説:ティーイングエリア内の地面の不正箇所や凸凹は、平らにしてからプレーすることができます。

Q:素振りで球がティーから落ちたら?

答え:罰なしに、1打目としてティーアップして打てる。

解説:ストロークする前にティーアップした球をティーから落としても、その球がティーイングエリア内にあれば罰なしにティーアップし直して、球を打てます。ティーアップする場所を変えることもできます。素振りや、ストロークを行う準備をしている間に偶然に球を打っても、それはストロークとはみなされません。

みんなのゴルフダイジェスト編集部

最終更新:1/13(月) 16:30
みんなのゴルフダイジェスト

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ