ここから本文です

今季は「我が家でゴロゴロ」中日・柳裕也、ナゴヤドームではゴロを打たせて取る投球します

1/13(月) 5:40配信

中日スポーツ

中日・柳裕也投手(25)が12日、名古屋市中村区の「エディオン名古屋本店」で小笠原慎之介投手(22)とトークショーをした。昨季11勝(7敗)を挙げて自身初の2桁勝利をマークした右腕は、本拠地の勝敗に注目。昨季4勝4敗で通算7勝8敗。ゴロを打たせる投球で自身初の本拠地勝ち越しを狙う。

【連続写真】これがドラ1石川の打撃フォームだ

 「我が家でゴロゴロ」が今季のテーマの一つになる。「ナゴヤドームで勝ちたいです。ビジターはビジターの大変さがありますけど…。フライよりゴロの方が確実。オーバーフェンスという大けがもありません」

 新人の2017年から本拠地成績は1勝2敗(防御率4・50)、2勝2敗(同2・56)、4勝4敗で同3・70と推移。今年こそ球界屈指のピッチャーズパークを味方に付けたい。

 「技だけでは行き詰まる。苦しくなった時、真っ向勝負になる。ドラゴンズの守備は最強なので、ゴロを打たせればアウトにしてくれます」。変化球の出し入れか、速球でパワー勝負を挑むか。データと感性のバランスを安定させて最適解を導き出す。

 今は大阪での自主トレ真っ最中。開幕投手への問には「エースは大野さんですから。まず開幕1軍です」。足元を確認しながら一歩ずつエース道を進む。

最終更新:1/13(月) 5:40
中日スポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事