ここから本文です

『投げるときに後ろ向け』中日・大野奨太を最初は“混乱”させた助言の真意「やっと分かりました」

1/13(月) 7:00配信

中日スポーツ

 例年以上に中身の濃い9日間だった。12日で鳥取での自主トレを打ち上げた中日の大野奨太捕手(32)。小山代表とじっくり話す中で得られた収穫を強調した。

【連続写真】これがドラ1石川の打撃フォームだ

 「肘を壊してからスローイングの感覚がしっくりきていなかった。先生の話を聞いて、何個か取り入れたことで感覚が戻りつつある。シーズンがかなり楽しみです」

 1月に鳥取を訪れるのは数年ぶり。2017年の右肘手術後初めて、送球面の不安を訴えた。受けた助言の一つが「投げるときに後ろを向きなさい」。以前は理解しきれなかった言葉が今回はふに落ちた。

 「僕はボールや相手を目で追ってしまう癖がある。目で追うことで肘が止まる。腕が止まる。しならない。だから後ろを向きなさい。見ないで投げなさいということなのだと思う。今年に入ってやっと分かりました」

 この日は施設近くの球場でキャッチボールやロングティー、フリー打撃もこなし、小山代表を「肩は復活というよりグレードアップしている。こんな奨太は見たことない」とうならせた。FA移籍3年目。「とにかく試合に出たい」。遅ればせながら本領を発揮する。

最終更新:1/13(月) 7:00
中日スポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事