ここから本文です

「はぁ?それどういう意味!?」言われてブチ切れそうになった「旦那の戯言」

1/13(月) 20:10配信

LIMO

両想いになって結婚した夫婦であれ、結局は他人同士。円満に結婚生活を送るには、お互いに思いやりの気持ちを持ち続けなければいけません。

とは言え、毎日同じ場所で生活をしていると、ふとしたときに思わず「はぁ? !」と思ってしまうようなイライラがパートナーから降りかかってくることも。今回は、妻目線で見た「旦那から言われてブチ切れそうになったひと言」にスポットを当ててご紹介します。

「スマホに育児させてるんじゃないよ」

よくないとはわかっていても、スマホを子どもに見せたことがあるママは多いはず。ちょっと集中して家事を済ませてしまいたいときや、外出先でおとなしくしてもらいたいときなど、限定的にスマホの力を借りるママもいることでしょう。

中には“子どもにスマホを見せて何が悪いの?”という人もいるかもしれません。しかし、おそらくほとんどのママは、“スマホ育児”という言葉に胸がチクりとするのではないでしょうか。

気にしてはいながらもやむを得ずスマホを子どもに見せたことがあるママたちにとって、旦那さんからの指摘ほどイラっとするものはありません。特に、子どもの面倒を見るときに必ずスマホを見せるような旦那さんから、スマホを子どもに見せたことに対して指摘が入った場合は、ブチ切れるのも無理はないでしょう。

「先日主人から、『スマホばっかり見せるなよ』と注意めいたことを言われたんです。私は一緒に撮った写真を子どもと見ていただけだったのですが、いきなり『スマホ育児するな』と言わんばかりに注意されて。そんな主人は普段自分が子どもと二人きりになったとき、必ずYouTubeを見せているよう。子どもから、『パパと二人のときはYouTubeを見せてもらえる』と密告を受けていたため、どのツラ下げてそんな指摘をしてきたのかと本当に腹が立ちました」(35歳/パート)

“どのツラ下げて…”まさに、この一言に尽きるという人が意外と多いようです。

「俺はどうしたらいいの?」

女性としては、“言わなくても率先して家事や育児を手伝ってくれる”というのが理想の男性像。しかし、男性は“言われなくては動けない生き物”なのです。ただでさえ頭をフル活動させて動いているのに、なぜ旦那のすることまで指示を出さないといけないのか…。この特徴を知ってはいても、“なんで1から10まで言わないと動けないの?”とイライラしている女性は多いんです。

「家族で遠出をするため、朝早くから準備をしないといけない日に限って私のイライラポイントをついてくるうちの旦那。子どもが3人もいてただでさえバタバタなのに、のんびり自分の準備だけをする旦那に向けて『自分の準備が終わったら早くこっちを手伝って!』と伝えたんです。すると『俺はどうしたらいいの?』という能天気な質問。思わず、『頭使って自分で考えてよ!』と言いかけてしまいました」(31歳女性/主婦)

「共働きで、家にいるときはいつもバタバタ。誰よりも早く起きて食事の準備をし、洗濯を干して子どもを起こし…と手も足も止めることなく動いている私に対し、主人は出勤時刻ギリギリの時間に起きてきます。『ちょっとは何か手伝ってよ』と言う私に対して、『何をしたらいいの?』と返答してきた主人にはあきれてものも言えませんでした」(37歳女性/会社員)

男性には的確に指示を出してあげないといけない。そのような意見があるのもごもっともです。ただし、そんなことを考えている余裕もないほどバタバタと動いている女性陣がいるのも事実。“あなたは子どもなの?”と言いたくなるようなケースは、女性にとってあるあるなのです。

1/2ページ

最終更新:1/13(月) 21:15
LIMO

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ