ここから本文です

日産「GT-R」に幻のオープンモデルが登場!? 「夢の1台」が生まれた理由とは

1/13(月) 11:50配信

くるまのニュース

GT-Rにもオープンモデルが欲しい! 夢の1台がここに誕生

 日本で最大級となるカスタムカーの祭典「東京オートサロン2020」で、日産「GT-R」の出で立ちを持つオープンモデルが出展されました。

GT-Rに幻のオープンモデル!? 「R35ロードスター」を画像で見る(14枚)

 しかし、その中身は本物のGT-Rとは異なるようです。はたして、GT-Rの見た目をしたオープンモデルの正体とは、何でしょうか。

 日産のフラッグシップスポーツモデルとして知られるGT-Rには、本来オープンモデルはありません。しかし、その実在しないオープンモデル「NATS R35 Road Star」(以下、R35ロードスター)を、東京オートサロン2020へ出展したのが、日本自動車大学校のNATSです。

 NATSの学生は今回、日産「フェアレディZ」のオープンモデルをベースに、R35型GT-Rのフロントとリアのデザインを装着。側面のドアもGT-Rのデザインとし、外観のみを見ただけではGT-Rのカスタムカーとしか思えない仕上がりを実現しています。

 R35ロードスターを制作した背景について、NATSの学生は次のように話します。

「海外にある『スーパーカーのオープンモデル』を、国産スーパーカーでも再現したいと思い、本来は実在しないR35型GT-Rのオープンモデルを制作しようと考えました。

 GT-Rの外装とフェアレディZの骨格や内装を合わせる作業は苦労しました。また、塗装のマスキングも、かなり大変だったポイントです。

 ボンネットはカーボンボンネットを採用していることも特徴のひとつです。内装の塗装や、搭載したオーディオにもこだわりました」

※ ※ ※

 国産スーパーカーのオープンモデルを見てみたいという学生の夢が原動力となり、本来は幻だったR35ロードスターが生まれたといえるでしょう。

くるまのニュース編集部

最終更新:1/13(月) 20:32
くるまのニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事