ここから本文です

まさかの連敗でU-23日本が史上初のGS敗退…《AFC U-23選手権》

1/13(月) 0:13配信

超WORLDサッカー!

U-23日本代表は12日、AFC U-23選手権タイ2020のグループB第2節でU-23シリア代表と対戦し、1-2で敗戦した。

3日前に行われた開幕節のU-23サウジアラビア代表戦を終盤のミスによる失点で黒星スタートとなった日本は、サウジアラビア戦のスタメンから6選手を変更。上田綺世、森島司、相馬勇紀、齊藤未月、松本泰志、町田浩樹がスタメンとなった。

初戦のU-23カタール代表戦を引き分けたシリアに敗れて2連敗となると敗退が決まってしまう日本は、初戦同様に[3-4-2-1]のシステムで臨み、GKに大迫敬介、3バックに右から渡辺剛、岡崎慎、町田、中盤に右から橋岡大樹、齊藤、松本、相馬、2シャドーに食野亮太郎と森島、最前線に上田が入った。

開始7分、日本はPKを献上する。CKの流れから町田の足が相手の頭に当たっていたとしてVARの末にPKとなり、これを決められて日本は先制を許してしまった。

先手を取られた日本は自陣に引くシリア相手に敵陣でボールを持つも、シュートに持ち込むことはできない。26分にようやく上田がミドルシュートでゴールの予感を感じさせると、28分に決定機。左サイドからのクロスが流れ、ボックス右で拾った橋岡が胸トラップからボレーシュート。だが、GKのセーブに阻まれた。

それでも30分、日本がファインゴールで追いつく。ボックス手前左から相馬が右足を振り抜くと、ゴール左隅に強烈なシュートが突き刺さった。

同点後も押し込んだ日本は1-1で迎えた後半、敵陣でのプレーを続けるも、シュートに持ち込むことはできない。

そこで67分、食野に代えて田川亨介を投入。しかし、流れは変わらず攻撃は活性化されない。

そんななか終盤の83分にようやく逆転のチャンス。右サイドのスペースを突いた橋岡が絶妙なクロスを送ると、ファーサイドの上田がボレー。だが、シュートを枠外に外してしまった。

すると88分、致命的な失点を喫する。ロングカウンターに転じられ、ダリにボックス左まで持ち運ばれると、そのままシュートを決められてしまった。

結局、90分の旗手の際どいシュートはGKのセーブに阻まれ、追加タイム3分の橋岡のボレーシュートもGKに阻止された日本は1-2で敗戦。2連敗で史上初のグループステージ敗退となってしまった。

◆グループB順位表(1/13更新)
[勝点/試合数/得失差]
1.サウジアラビア[4/2/1]
2.シリア[4/2/1]
3.カタール[2/2/0]
4.日本[0/2/-2]

超WORLDサッカー!

最終更新:1/13(月) 0:19
超WORLDサッカー!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事