ここから本文です

現役引退のデ・ロッシが帰郷! ACL断裂のザニオーロへ「彼に会う時間は十分にある」

1/13(月) 20:15配信

超WORLDサッカー!

先日に現役引退を発表した元イタリア代表MFダニエレ・デ・ロッシが故郷のローマへ帰還した。イギリス『スカイ』が報じている。

今月6日、所属先のボカ・ジュニアーズで記者会見を開き現役引退を発表したデ・ロッシ。ローマ出身ローマ育ちの同選手は、2001年のデビュー以降ローマにその身を捧げ、およそ20年もの間、ジャロロッソを支え続けてきた。

昨夏、そのローマを離れアルゼンチンに新天地を求めると、移籍後初戦となった国内カップのアルマグロ戦でいきなりゴールを挙げる鮮烈デビューを果たす。しかし、その後はヒザのケガの影響で出場数が伸びず、36歳にして引退を決断した。

それからおよそ1週間の13日、休暇をアルゼンチンで過ごしたデ・ロッシがローマに帰還した。引退発表時に公言していた「フットボール界での仕事」を始めにきたのだ。『スカイ』の取材で「私は監督になるためにすぐに勉強を始める。あと10年は現役でいたかったが、36歳というのは新しいことに挑戦するのに相応しい年齢だった」と改めてコメントしたようだ。

また、話題は12日のユベントス戦で右ヒザの半月板損傷と前十字じん帯断裂の重傷を負ったイタリア代表MFニコロ・ザニオーロに。2018年7月にインテルU-19からローマに加入したザニオーロは、1シーズンだけデ・ロッシとプレー。同選手の負傷を知ったデ・ロッシは「彼に会う時間は十分にある。メッセージを書いて送るよ」と話した。

すでにチームメイトだけでなく、セリエAでしのぎを削るライバルたちから激励を受けているザニオーロだが、クラブのレジェンドからの言葉は特別な励みになるに違いない。

超WORLDサッカー!

最終更新:1/13(月) 20:15
超WORLDサッカー!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事