ここから本文です

「トロロッソ/アルファタウリF1の目標はトップ5入り」とチーム代表。レッドブルとの技術提携が武器に

1/13(月) 9:53配信

オートスポーツweb

 トロロッソ/アルファタウリのチーム代表フランツ・トストが、2020年にはF1コンストラクターズ選手権ランキング5位以上を狙うと語った。

ダニール・クビアトとピエール・ガスリー(トロロッソ・ホンダ)

 2006年にF1デビューを果たしたスクーデリア・トロロッソは、2020年にレッドブル社のファッションブランド『アルファタウリ』をチーム名に採用し、新たなスタートを切る。

 トロロッソ・ホンダは2019年、2回の表彰台を獲得し、チーム史上ベストタイのランキング6位を獲得した。スクーデリア・アルファタウリ・ホンダとして参戦する2020年、チームはさらに上を目指すことができると、トストは自信を持っている。

 チームはダニール・クビアトとピエール・ガスリーという、2019年のドライバーラインアップを維持、比較的経験あるふたりを走らせることが、チームの向上をよりたやすくすると、トストは語った。

「我々のチームが、これほど経験豊かなドライバーペアを走らせるのは初めてのことだ。あとは競争力の高いマシンを用意できるかどうかだと思っている」とトストはRACERに対してコメントした。

「さらに一歩前進したい。目標ははっきりしている。パフォーマンスを向上させて、コンストラクターズ選手権でトップ5に入らなければならない」

 ルノーと戦えることを期待しているというトストは「どのチームがより優れたマシンを作るかで勝負が決まる」と述べている。

「どのチームがニューマシンで一番大きな進歩を果たせるか、どのチームがシーズンを通して一番うまくマシンを開発していくかだ。私はそれをするのがアルファタウリであることを願っている」

 より豊富な資金を持つマクラーレンやルノーと中団トップの座をめぐって戦うのは簡単なことではないが、アルファタウリにとっては、レッドブル・レーシングとの強固な技術提携が有利に働くと、トストは言う。

「(2019年には)2018年と比べてすべてのエリアで大きく進歩した。空力面で改善したし、レッドブル・テクノロジーのおかげでメカニカル面でも良くなった。フロントおよびリヤのサスペンションは前年と同じものを使い、ギヤボックス、ハイドロリックシステムはレッドブル・テクノロジーのものを使った。それが信頼向上に役立った」

「車両の性能が大きく向上した。新しいソリューションを見つけ出したのだ」

「タイヤの使い方、管理の仕方についての理解を深めたし、レースチームも大きく前進し、ピットストップもよくなった。ただ、幾分浮き沈みがあったから、その部分は課題といえるだろう」

「また、ドライバーは3人全員が非常に優秀だった」

「長期的なパートナーがいると、協力し合って働いているうちに互いへの理解が深まる。2020年もレッドブル・テクノロジーの協力を得て、我々チームがさらに一歩前進できると考えている」

[オートスポーツweb ]

最終更新:1/13(月) 9:54
オートスポーツweb

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事