ここから本文です

FKで2発演出の静岡学園MF井堀、優勝弾アシストに「ボールも完璧だった」

1/13(月) 19:10配信

ゲキサカ

[1.13 選手権決勝 青森山田高 2-3 静岡学園高 埼玉]

 セットプレーの借りはセットプレーで返した。前半11分にFKから先制を許した静岡学園高(静岡)は同33分にPKで2失点目。前回王者相手に2点を追う展開となる中、前半アディショナルタイムの追撃ゴールが後半の逆転劇につながった。

 前半アディショナルタイム2分、PA右手前からMF井堀二昭(3年)が右足でファーサイドに蹴り込むと、セカンドボールをDF西谷大世(3年)が左足でシュート。これが相手のクリアミスを誘い、DF中谷颯辰(3年)が右足でゴール左隅にねじ込んだ。

「前半に1点返せたのは良かった」と振り返る井堀は2-2と追いついたあとの後半40分、PA左からのFKのチャンスにファーサイドへピンポイントクロス。逆サイドから飛び込んだ中谷がこの日2点目となる決勝ヘッドを叩き込み、静学に24年ぶり2回目の栄冠をもたらした。

「自分のキックから中谷が決勝点を決めてくれて、ボールも完璧だった。触るだけのボールを蹴ることができた」。1回戦の岡山学芸館戦(○6-0)では鮮やかな直接FKを決め、、準々決勝の徳島市立戦(○4-0)ではCKとFKで2アシストを記録。みたび自分のキックで勝利を呼び込んだ井堀は「相手もセットプレーでトリックプレーをやってきたけど、こっちも何回かやって、その中で自分がFKを蹴って、決められたのは良かった」と胸を張った。

「キックの調子は良かった。日ごろから練習しているキックがゴールにつながって良かった」。岡山県出身で、卒業後は東海学園大に進学するプレースキッカーは「サッカー王国復活と言われるけど、自分たちの代で優勝できて、静学の歴史に名を連ねられたことはうれしい」と柔和な笑みを浮かべた。

最終更新:1/13(月) 23:06
ゲキサカ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ