ここから本文です

リバイバルブームのヤン・ジュンイル、グラビアに登場「G-DRAGONバージョンの『レベッカ』を聞いてみたい」

1/14(火) 0:40配信

WoW!Korea

“タプコル界(リバイバルブーム)のG-DRAGON(BIGBANG)”と呼ばれシンドローム級の人気を謳歌している男性ソロ歌手のヤン・ジュンイル(50)がスター&スタイルマガジン「@star1(アットスタイル)」とともに2020年2月豪を通じて初めてグラビアを行った。グラビアの中でヤン・ジュンイルはファッショナブルながらもフォトジェニックな姿を見せ隠れた魅力を発散した。

G-DRAGON(BIGBANG)のプロフィールと写真

20世紀に21世紀の感性を見せオンラインをざわめかせたヤン・ジュンイルがさまざまな世代から交換を得て、シンドローム級の人気を集めている。

ヤン・ジュンイルは歌手としてデビューすることになったきっかけを尋ねられると「アメリカに住んでいた頃に会ったハリウッド第一世代の韓国俳優故オ・スンテク先生のおかげ」とし、今の人気に対しては「過去に人気を得たものより、今このように人気を得ることになったことが幸いだ」と思っているとし、「残念なことは故オ・スンテク先生がこのように成功した姿を見ることができないまま亡くなったことだ」と付け加えた。

オンラインで“タプコル界のG-DRAGON”と呼ばれていることに対してG-DRAGONがヤン・ジュンイルの楽曲をリメイクしたらどんな曲を勧めたいかという質問には「G-DRAGONバージョンの『レベッカ』が気になる」とし「一番ヤン・ジュンイルの感じがとてもしみ込んでいる楽曲なので他の歌手が歌う姿が期待される」と伝えた。

長い間ヤン・ジュンイルを待っていたファンたちに対しては「過去にはヤン・ジュンイルを好きだと言っていたこと自体が勇気がたくさん必要なことだった」とし「それにもかかわらず地道にヤン・ジュンイルに対する愛を送っていただき、待って下さったことに心から感謝する」と伝えた。

ヤン・ジュンイルの率直なインタビューとグラビアは「@star1」の2月号で会うことができる。

最終更新:1/14(火) 0:40
WoW!Korea

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事