ここから本文です

医者「安心してください」→「風邪 治し方」でググり出す おちおち風邪も引けないOL漫画「耐え子の日常」ー怒涛のスルー編ー

1/14(火) 7:30配信

ねとらぼ

 他人に訳の分からない対応をされたりしても「平気平気!」のスピリッツで乗り切ってしまうOLを描いたギャグ漫画「耐え子の日常」。主人公の耐え子にとって、体調不良で病院を訪れたときに「安心してください」と言ったお医者さんが、直後「風邪 治し方」でググっているのを目撃してしまう程度のことは日常茶飯事です。

【画像】漫画を読む

 「耐え子の日常」とは、Instagramで41万、Twitterで16万以上のフォロワーを持つ漫画シリーズ。アニメ化もされており、現在2クール目が放映中です。そろそろ単行本の3冊目も発売予定(発売日が決まり次第、またお知らせします)。

 「耐え子の日常」からのエピソードを厳選して紹介する本連載も、最終回となる第5回。今回は、スルーという名の横暴に振り回される耐え子を描いたものを中心にピックアップしました。「平気平気!」は、世知辛い世を生き抜くための合言葉だ。

 耐え子が友人アユミと遊んだ日のこと。「今日は1日楽しかったね!」とアユミちゃん。「また遊ぼうね!」と約束して別れたあと、アユミちゃんがTwitterを更新したことに気付きます。読んでみると「特に何もない一日でした(^-^)」のつぶやきが。あなたにとって、私はなんなの!? 存在自体がスルーされる耐え子でした。

 別の日。目の前を歩く男性が小銭をチャリーンと落としたのに気付いた耐え子。当然ながら「お金落ちましたよ」と声をかけます。善意善意。ところが男性は「いや、捨てたんですよ」と。えっ、なんで……? 「重いなーと思ってね」。こちらのスルー力が試されるパターンか。

 「ねえねえ聞いて~」。後ろから知らない女性に呼び止められた(?)耐え子。振り向けば、イヤフォンをした女性が「会社で嫌なことあったんスよ~」と話しています。ああ、なんだハンズフリーで電話中か。最近あるよね、こういうこと。と、耐え子が立ち去ろうとすると、トントンと肩をたたいて耐え子を呼び止める女性。「ちょっと、なんで無視するんですか」。目が怖い……今度はスルーが許されないパターンだったか。

 かと思えば、楽器店の前でショーウィンドウのトランペットを見つめる少年。あ、古い映画とかで見たやつだ。耐え子が話を聞いてみると、来週、音楽発表会があると少年は言います。「でも家が貧乏だからお母さんに頼めなくて……」と、すでに諦めている様子。耐え子はしばし考えた末、「じゃあわたしが買ってあげる!」と大きな決断をします。少年はうれしそうにトランペットを抱えると、「本当にありがとう!」と発表会の招待券を渡します。

 まるで自分の弟を見るような心持ちで、耐え子が少年の音楽発表会に足を運んでみると……。そこには元気にギターをかき鳴らす少年の姿があったのでした。少年が喜んでいるなら、スルー案件に巻き込まれても平気平気!

 日常の不条理、不合理、理不尽に振り回され続ける耐え子。そんな彼女に同情しつつも、なぜか笑ってしまうのは、耐え子が他人のスルーをも「平気平気」と乗り切る、「スルーの上書き力」を持っているからかもしれません。

 このスルーの上書き力は、現代社会を生き抜くための手掛かりともいえそうです。なぜなら、理不尽や不条理は日々の暮らしのあちこちに潜んでいるのですから。……ほら、あなたのそばにも!

ねとらぼ

最終更新:1/14(火) 7:30
ねとらぼ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事