ここから本文です

【フェアリーS】売上は63億円、前年比150%超の大幅アップ

1/14(火) 12:07配信

netkeiba.com

 13日、中山競馬場で行われた第36回フェアリーS(3歳・牝・GIII・芝1600m)は、先手を取った柴田大知騎手騎乗の3番人気スマイルカナ(牝3、美浦・高橋祥泰厩舎)が、直線でも後続を寄せ付けることなくゴールまで逃げ切り、中団後方から脚を伸ばした7番人気チェーンオブラブ(牝3、美浦・小笠倫弘厩舎)に2.1/2馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分34秒0(良)。

【写真】スマイルカナこれまでの軌跡

 同レースの売り上げは63億8665万0700円で、フィリアプーラが優勝した昨年(1月2週目の3日間開催の初日となる土曜日に施行)の41億3415万7900円より増加となった。

最終更新:1/14(火) 12:07
netkeiba.com

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ