ここから本文です

JR仙台駅前の青葉通の一部を「屋外広場」検討

1/14(火) 19:25配信

TBC東北放送

TBC

 仙台市が、仙台駅前の青葉通りの一部区間を車両通行止めとし「屋外広場」の整備を検討していることがわかりました。
 郡仙台市長は14日の会見でこのように述べ、仙台駅前西口に「屋外広場」を整備したいとの考えを明らかにしました。市の構想では、JR仙台駅前の青葉通の約150メートルを車両通行止めとした上で、車道部分を「屋外広場」にして市民が散策などを楽しめるようにします。市では来年度中に広場を整備する区間の交通量の調査を行い、車両を通行止めにした場合路線バスやタクシーなどに、どのような影響が出るかを検証します。市では、旧さくら野百貨店跡地や青葉通を挟んで向かいのGSビル跡地などの再開発事業と連動させながら、2030年度までの整備を目指す方針です。

最終更新:1/14(火) 20:30
TBC東北放送

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事