ここから本文です

BMW X1 に初のPHV、EVモードは後続57km…欧州発売へ

1/14(火) 11:00配信

レスポンス

BMWは、『X1』(BMW X1)初のプラグインハイブリッド車(PHV)、「X1 xDrive25e」グレードを、欧州市場で発売すると発表した。

画像:BMW X1のPHV、X1 xDrive25e

◆燃費52.6km/リットル

X1 xDrive25eは、改良新型X1をベースにしたPHVだ。フロントに積まれるのは、BMW「i」ブランドのPHVスポーツスポーツカー、『i8』用がベースの1.5リットル直列3気筒ガソリンターボエンジンで、最大出力125hp、最大トルク22.4kgmを引き出す。このエンジンは、6速「ステップトロニック」を介して、前輪を駆動する。

最大出力95hp、最大トルク16.8kgmを発生するモーターはリアアクスルに配置され、後輪を駆動する。エンジン駆動の前輪と合わせて、4WDとなる。PHVシステム全体で、220hpのパワーと39.3kgmのトルクを獲得した。動力性能は、0~100km/h加速が6.9秒、最高速は193km/hとなる。

二次電池(バッテリー)は、蓄電容量10kWhのリチウムイオンバッテリーだ。モーター単独でのEVモードの航続は、57kmの性能を備えている。この効果もあって、欧州複合モード燃費は52.6km/リットル、CO2排出量は43g/kmの優れた環境性能を実現している。

バッテリーの充電は、標準装備の充電ケーブルを使用して、家庭用ソケットで充電できる。この方法の場合、バッテリーは約5時間で完全に充電できる。「BMW i Wallbox」を使用すると、充電にかかる時間はおよそ3.2時間だ。充電ソケットは、左フェンダーのフラップの下に設けられる。

◆EVモードの最高速は135km/h

センターコンソールの「eDrive」ボタンを操作して、ドライブシステムの作動モードを変更できる。eDRIVEの標準設定の「AUTO」では、インテリジェントな駆動システムにより、あらゆる運転状況でエンジンとモーターを最適に連携させる。ナビゲーションデータは、PHVシステムの効率化にも利用され、燃費と運転の楽しさの両方を追求する。ナビゲーションガイダンスを有効にすると、予測的なエネルギーマネジメントが可能に。駆動システムを制御するために、ルートプロファイルも考慮される。eDriveの「MAX」モードでは、モーター駆動を最大限に利用して、EVモードで最高速135km/hを可能にする。

さらに、「SAVE BATTERY」モードも用意される。これにより、ドライバーは運転中、高電圧バッテリーの容量を維持、回復、増やすことができる。例えば、都市においてEVモードで走行する時に、バッテリー容量を節約できる。ドライビングエクスペリエンススイッチは、運転モードに関係なく使用できる。ドライバーは、「COMFORT」、「SPORT」、「ECO PRO」モードを切り替えることにより、駆動系やサスペンションの設定を変更できる。

◆専用の走行音で歩行車に車両の接近を知らせる

X1のPHVには、歩行者保護機能を標準装備する。EVモードで30km/h以下の速度で走行する際、電動モデル専用に設計された走行音が発生し、他の道路利用者に接近車両の存在を知らせる。

インテリアは、スマートフォンを使用して、「BMWコネクテッド」経由で、空調などを遠隔操作できる。トリム仕様は、「スポーツライン」、「xライン」、「Mスポーツ」を設定する。これらのパッケージに加えて、BMW X1のほぼすべてのオプションが選択できる。

荷室容量は、450リットルだ。リアシートは40:20:40の3分割式となっており、後席背もたれを折り畳めば、最大で1470リットルに拡大する。

《レスポンス 森脇稔》

最終更新:1/14(火) 11:50
レスポンス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ