ここから本文です

アロンソ、ダカール・ラリーの個人的な目標は達成「満足はしてないけど、予想以上」

1/14(火) 19:10配信

motorsport.com 日本版

 2020年のダカール・ラリーに初参戦しているフェルナンド・アロンソ(トヨタ)。彼は8日目の477kmのステージを、首位から4分遅れの総合2位で駆け抜けた。これによって、彼は総合13番手に浮上。2日目に”サスペンション交換”での大きなタイムロスがあったことを考えれば、大健闘だとも言える。

【動画】ダカール・ラリー2020:8日目ハイライト - Cars and SSV

 8日目は、前日に2輪ライダーのパウロ・ゴンカルベスが亡くなる事故が発生したため、2輪部門の走行は中止。そのため、カルロス・サインツ(X-Raidミニ)、ナサール・アルアティヤ(トヨタ)、ステファン・ペテランセル(X-Raidミニ)ら上位勢は、踏みならされていないコースを走らざるを得ず、大苦戦を強いられた。これが、アロンソの好結果に繋がったともいえる。

 とはいえアロンソは、10月に参戦したモロッコラリーなどでは競争力を発揮できなかったため、このような結果は想定外だったと明かした。

「僕はまだ、完全に満足したわけじゃない。でも、ダカールに挑む前に立てていたあらゆる個人的な目標は超えている」

 アロンソはそう語った。

「モロッコでは快適に走ることができた。でも、250kmのステージであっても、先頭集団からは15分ほどの遅れだった。ダカールでは、スペシャリストたちから30分遅れるかどうか……それは分からなかった。そして今日のように彼らに近づいたり、彼らよりも速いなんて、そんな目標は僕の中にはなかった」

 特にこの8日目の結果は、自身とコ・ドライバーのマーク・コマに”大きな喜び”をもたらしたと語った。

「(タイム計測区間後の)ロードセクションでタイムを見た。僕たちは全てをうまくやれたとはほとんど思っていなかったので、お互いの頬をつまむところだったよ」

「順調なステージだった。350kmの地点でちょっとしたパンクはあったけど、大きなロスはなかった」

「チームにとってもマルクと僕にとっても、非常に嬉しく、感動的な瞬間だ。なぜなら、それがどれほど難しいか分かっているからだ。470kmを走り、砂丘と恐怖を乗り越える……そして、フィニッシュラインを超えてベストな選手となった時は、大きな喜びを感じるんだ」

「数カ月前のことを思い返してみると、僕たちは実際、マシンを起動する方法さえ知らなかったんだ」

 今の”良い勢い”を利用したいと考えているアロンソだが、今後も難しい挑戦が続くことは覚悟しているようだ。

「僕は3週間前にアブダビでテストをした経験がある。そこはここと同じような砂丘のエリアだった」

「(テストは)非常に困難で、地獄の3日間だった。いま走っているところが同じような地形なら、色々なことが起きるんだ」

Valentin Khorounzhiy

最終更新:1/14(火) 19:10
motorsport.com 日本版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ