ここから本文です

温室に漂う甘い香り 真っ赤に熟したイチゴ、摘み取り体験が好評 東松山の農林公園、5月まで

1/14(火) 9:18配信

埼玉新聞

 昨年12月にグランドオープンした埼玉県の東松山市農林公園で、今シーズンから始まった「いちご摘み取り体験」が好評だ。2棟ある温室では真っ赤に熟したイチゴが甘い香りを漂わせ、家族連れらがイチゴ狩りを楽しんでいる。

いちご観光農園、松伏に20年1月開園 紅ほっぺと章姫の2種類でイチゴ狩り、移動なく食べ比べも

 農林公園は、かつては桜などの花を楽しむ公園として親しまれていた。2017年から「農とふれあうテーマパーク」をコンセプトに、市の農業、観光の拠点となる施設に転換・整備。これまでに果樹園や体験・研修農場、温室2棟、管理棟・農産物加工体験施設、丘の上のカフェなどを新設した。

 体験できるのはイチゴの摘み取り。2棟の施設は高度環境制御型温室。ベンチの上でイチゴを栽培する高設栽培で、安定・計画的な生産ができる。また、幅広の通路で、車いすやベビーカーでも快適にイチゴ狩りが楽しめる。

 家族4人でイチゴ狩りを楽しんでいた同市内の木村貴光さん(49)は「子どもたちは遊具広場で遊んだことはあるが、イチゴの摘み取りは初めて。来るのを楽しみにしていたようです。気軽に訪れ、楽しめるので良いですね」と話していた。

 「いちご摘み取り体験」は5月まで。事前予約制で、食べ放題ではない。料金は1パック(300グラム)、600円。開業時間は午前10時~午後4時、月曜日定休。

 予約、問い合わせは、農林公園(090・4062・1515)へ。

最終更新:1/14(火) 9:18
埼玉新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ