ここから本文です

横瀬・あしがくぼの氷柱、14日から閉園 暖冬の影響、完全に氷柱溶ける 再開園は24日に判断

1/14(火) 12:01配信

埼玉新聞

 埼玉県の横瀬町観光協会は13日、同町芦ケ久保の冬の観光スポット「あしがくぼの氷柱(ひょうちゅう)」について、暖冬の影響で氷柱が完全に溶けてしまったため、14日から24日まで閉園すると発表した。

秩父の冬の風物詩が苦境 暖冬の影響、氷柱が形成されず 氷が溶け無料で開放、ライトアップも延期

 「秩父三大氷柱」の一つとして知られる同氷柱は5日に開園したものの、氷柱がほとんど溶けたため、9日から無料開放し、10日からはライトアップも中止にしていた。同協会によると、13日までで計3780人が来場したが、閉園で会場内は立ち入りもできなくなる。25日以降に開園するかどうかについては、24日午後4時に判断するという。

最終更新:1/14(火) 12:01
埼玉新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事