ここから本文です

美容オタ向け夢のガジェット。ロレアルの最新スキンケアツール #CES2020

1/14(火) 20:00配信

ギズモード・ジャパン

来年のクリスマス、これ欲しい。

新作ガジェットの広告見て、なんかすごいよさそう! って期待したのに、ふたを開けてみたらガッカリ…ってこと、よくありますよね。私も、最初にロレアルが新しいパーソナライズスキンケアガジェット「Perso(パーソ)」を発表したって書いたときも、まあ期待半分不安半分ってとこでした。CES的なイベントで、そういうケース少なくないと思うんです。でも、今回はいい意味で驚かされました。

ロレアルの新ガジェットのポイントは「パーソナライズ」

Persoの根底にあるアイデアはズバリ、パーソナライズです。まずこのデバイスのすごいところは、内部に3つのカートリッジが内蔵されていて、たとえば3種類のスキンケアアイテムをセットできるんです。ほかにも、ARで好きなリップカラーをブレンドしてお試ししたり。あとなんといってもすごいのが、AIが気候や紫外線量なんかの環境データをもとに、ユーザにピッタリのスキンケアアイテムをブレンドして出してくれるんです。

AIが天気や環境に合わせたベストなアイテムを配合

さっそく私も、デモ体験してきました。商品を解説してくれたのは、ロレアルのテクノロジーインキュベーターチームを率いるギーブ・バローチ(Guive Balooch)氏。

Persoのアプリを開いて今日の気候や大気の状態をチェックすると、UV指数は2、という表示が。2、というのは「超高いわけではないけど、UV対策は必要」というレベルだそう。ほかにも湿度や大気汚染(花粉とかホコリとか)などのファクターもチェックできます。そしていよいよ実行ボタンを押すと、AIがカートリッジにセットされた3アイテム(たとえば美容液、抗酸化成分、保湿剤など)のベストな配合を計算してブレンドし、デバイスの上部にあるコンパクトのような容器に出してくれます。

なんと、天気や環境によって配合を調節しているんです。バローチ氏は、旅行先にPersoを持っていけば、その気候などを考慮して、また違った配合をしてくれると話しました。たとえば、ニューヨークシティよりもカラカラに乾燥しているラスベガスでは、保湿剤が多めに入っているけれど、大気はそれほど汚れていないので抗酸化成分は少なめになるんだとか。

あと、肌診断もやってもらいました。アプリで顔をスキャンし、しみやしわ、ツヤ、たるみ、毛穴の開き方など、複数の項目で肌質を評価します。ちなみに、私の肌は若干毛穴が開き気味で、ツヤが足りないそうです(ちょっと落ち込みました)。

つまり、このデバイスは肌診断の結果と、その日の環境データをもとに、毎日最適なスキンケア商品を調合して出してくれるんです。しかも、いつでも肌の状態をチェックできるという、すぐれもの。

1/3ページ

最終更新:1/14(火) 20:00
ギズモード・ジャパン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事